logo

LIXIL ギャラリー「クリエイションの未来展」 第4回 伊東豊雄展

株式会社LIXIL 2015年05月14日 13時40分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月14日

株式会社LIXIL

LIXIL ギャラリー「クリエイションの未来展」 第4回
伊東豊雄展
「ライフスタイルを変えよう-大三島を日本で一番住みたい島にするために-」

LIXIL ギャラリーは2014年9月より、新企画「クリエイションの未来展」を開催しています。
日本の建築・美術界を牽引する4人のクリエイター、清水敏男氏(アートディレクター)、宮田亮平氏(金工作家)、隈研吾氏(建築家)、伊東豊雄氏(建築家)を監修者に迎え、それぞれ3ケ月ごとの会期で、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化します。

<世界的に活躍する建築家・伊東豊雄氏が提案するこれからのライフスタイル>
「クリエイションの未来展」の第4 回目となる今回は、建築家の伊東豊雄氏の展覧会を開催します。本展では2011 年の「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」の開館以来訪れる人を魅了してきた、瀬戸内海芸予諸島の中心に位置する大三島を舞台にこれからのライフスタイルモデルを提案します。会場では実際に大三島で暮らす人の紹介や、現在進行中の「参道のみんなの家」、「大三島ふるさと憩の家」、大山祇(おおやまづみ)神社の参道を中心とした提案などを写真やスケッチ、映像にて展示いたします。伊東氏が今後10 年をかけて取り組む、日本の伝統文化の記憶を蘇らせる暮らしの試みです。

<開催概要>
伊東豊雄展
「ライフスタイルを変えよう-大三島を日本で一番住みたい島にするために-」
会 期:2015 年6 月4 日(木)~8 月22 日(土)
休館日:水曜日、8 月12 日(水)~16 日(日)
開館時間: 10:00~18:00
企 画:株式会社LIXIL
会 場:LIXIL ギャラリー
東京都中央区京橋3‐6‐18 東京建物京橋ビルLIXIL:GINZA 2F
入場料:無料
会場写真:リンク
     会期開始5 日目から会場写真をご覧頂けます。
制 作:株式会社LIXIL
協 力:NPOこれからの建築を考える 伊東建築塾、今治市伊東豊雄建築ミュージアム、
    海sora&花結び、愛媛県立今治北高校大三島分校、大三島でワインを造る会、
    株式会社しまど
展 示:写真高橋マナミ、中村絵、西部裕介
展示映像:田中英行、高村佳典
展示音楽:石田多朗

<関連企画>
トーク
ゲスト:林豊(大三島柑橘農家)×伊東豊雄(建築家)
開催日:2015年6月12日(金)
開催時間: 18:30~20:00
会 場: LIXIL:GINZA 1F
入場料: 無料 定員50名 ※要予約
開催時間 18:30~20:00
会場 LIXIL:GINZA 1F
入場料 無料 定員50名 ※要予約

<作家からのコメント>
●大三島を日本でいちばん住みたい島にするために
大三島(おおみしま)(愛媛県今治市)は、瀬戸内海の中央部に浮かぶ人口約6500人の島です。全部で13ある集落は、すべて海沿いの周辺部に散在し、中央部は緑の山々に囲まれ、これまで開発らしい開発が全く行われてきませんでした。
しかし、日本でも最も古いと言われる大山祇(おおやまづみ)神社によって守られ、傾斜地はみかん畑に覆われ、穏やかで美しい景観を保ってきました。とりわけ島の西部から見られる夕陽の美しさは筆舌に尽くし難いものがあります。

今治市の厚意により、2011年にこの島に「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」をオープンして下さったのを機に、東京で活動する伊東建築塾の塾生達が島を訪れ、島の人々、とりわけ農業を営むIターンの人々とコミュニケーションをとり始め、我々と島の人々との交流が始まりました。島の人口はピーク時の1/2となり、しかもその約50%を65歳以上の高齢者が占めており、このままでは島の生活は消滅しかねません。

そこで我々は、2015年より10年計画で、〈大三島を日本でいちばん住みやすい島にするために〉というスローガンの下で独自の島づくりに取り組むことを決意しました。
独自の島づくりとは大資本に頼らず、住民、学生、塾生などの小さな力を結集して小さなプロジェクトを積み上げ、その集積としてこれからの日本の地域での生活のモデルを実現することを意味します。

●何故変える?
経済学者の水野和夫氏によれば、資本主義は〈より速く、より遠くへ、より合理的に〉をテーマとしてきたけれども、資本主義の最先端をきわめてしまった日本では〈よりゆっくり、より近く、より寛容に〉へのパラダイムシフトが不可欠であるとされています。つまり我々は最早、経済の豊かさを求めるのではなく、暮らしの豊かさを求める思想の転換が必要な時代に到っているのです。しかし東京のような大都市では、人々は相変わらず経済効率が最優先され、その結果均質で孤独な生活を強いられているのです。
私達は瀬戸内海の美しい島〈大三島〉の島づくりに関わることによって、明日のライフスタイルのモデルをつくろうと試みています。
海や土と接し、その恩恵を楽しみつつ、日本の伝統文化の記憶を蘇らせるようなライフスタイルこそ、いま私達が求められているものだと思うからです。

●なぜ大三島?
(1)神の島とも呼ばれる大三島(おおみしま)は、大山祇(おおやまづみ)神社の神によって守られ、美しい自然景観を保持してきました。島にはパワースポットと呼ばれる大楠が随所にあり、初めて大三島を訪れた人々の多くが他の島にはない神聖さを感じ、島に魅了されます。
(2)大三島は、これまで開発がほとんどされてきませんでした。したがって、観光開発を目的とするのではなく、最も重要な「地域での新しい暮らし方(ライフスタイル)」のモデルを実現する可能性があります。
(3)このため、元からの住民、Iターンなどの移住してきた住民、週末居住など不定期に訪れる半住民、サイクリストなどの外国人を含む訪問者等、多様な人々の生活(過ごし方)が同時に混在し、変化と豊かさに富んだ住形式を実現する可能性があります。
(4)したがって、私達は面開発をするのではなく、点(みんなの家)的な施設を随所につくり、人々が交流してサポートし合える新しいコミュニティの場をつくろうと考えます。特に急増するサイクリスト(外国人も多い)が居心地良く、好印象を持って長時間滞在できるサービスに配慮しうる島にします。
(5)近い将来、燃料電池車の導入等によって、クリーンエネルギーを利用したトランスポーテーションシステムを採用する可能性があります。それまでの間、ワゴン車等による乗合タクシーを週末のみ走らせる等のサポートシステムを考える必要があります。
(6)新しい食材を常に開発し、住民の雇用を高めると同時に、製品の付加価値を高め、都市部での販売力を拡張しうる食材や加工の可能性を秘めています。
(7)当面3つの「みんなの家」を想定しています。
1. 参道の「みんなの家」 2. 大三島ふるさと憩の家 3. シルバーハット
これらの環境、場の違いを利用すれば、それぞれ異なるアクティビティが生まれるに違いないと考えます。
(8)「伊東豊雄建築ミュージアム」は島づくりのインフォメーションセンター的な役割に特化させます。また、<大三島ドットコム>を立ち上げ、島づくりの情報を公開、革新し、インターネットを通したコミュニケーションによって世界に情報発信します。

<作家略歴>
伊東豊雄(Toyo Ito)
1941年生まれ。65年東京大学工学部建築学科卒業。65~69年菊竹清訓建築設計事務所勤務。71年アーバンロボット設立。79年伊東豊雄建築設計事務所に改称。主な作品に「シルバーハット」、「八代市立博物館」、「大館樹海ドーム」、「せんだいメディアテーク」、「多摩美術大学図書館(八王子)」、「2009高雄ワールドゲームズメインスタジアム」(台湾)、「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」、「台湾大学社会科学部棟」(台湾)など。現在、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」、「台中国立歌劇院」などが進行中。日本建築学会賞作品賞、ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダル、朝日賞、高松宮殿下記念世界文化賞、プリツカー建築賞など受賞。東日本大震災後、被災各地の復興活動に精力的に取り組んでおり、仮設住宅における住民の憩いの場として提案した「みんなの家」は、2015年4月までに13軒完成、現在も数件が進行中。その役割も、コミュニティの回復、子供達の遊び場、農業や漁業の再興を目指す人々の拠点などに発展している。2011年に私塾「伊東建築塾」を設立。これからのまちや建築のあり方を考える場として様々な活動を行っている。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。