logo

Lighthouseとボッシュが戦略提携を発表

Lighthouse Instruments, LLC 2015年05月13日 14時53分
From 共同通信PRワイヤー

Lighthouseとボッシュが戦略提携を発表

AsiaNet 60483 (0636)

【シャーロッツビル(米バージニア州)2015年5月13日PRN=共同通信JBN】医薬品製剤工程をモニターするレーザーテスト計測システムで世界をリードするLighthouse Instruments, LLCは13日、ロバート・ボッシュ(Robert Bosch GmbH)との戦略的事業提携を発表した。ボッシュはLighthouseのレーザー式ヘッドスペース分析(HSA)技術を利用してコンテナ・クロージャー・インテグリティ(CCI=容器閉塞完全性)検査のための新しい製品シリーズを開発、販売する。1号機は2015年6月15日にドイツ・フランクフルトで開かれる国際見本市Achemaで発表する。

Lighthouseはボッシュに、自動製剤リーク(漏れ)検知のためのレーザー計測システムを独占的に納入する。ボッシュはこの完全自動機器の単独ベンダーとなり、Lighthouseはこれまで通り医薬品業界へ計測サービスや実験機器、自動リーク検知装置の提供を続ける。

ボッシュのインスペクション・テクノロジー事業部長で、日本にあるボッシュパッケージングテクノロジー株式会社の社長を務めるヨアヒム・バチェフスキ氏は「この専門技能、さらには最高度の技術と、市場をリードするわが社の製剤検査機器を合わせて、われわれは利用範囲が広くてカスタマイズできるリーク検知装置を開発した」と語る。新しい完全自動の製品シリーズは、凍結乾燥物質を詰めたさまざまな容器や、真空ないし不活性ガスで充てんした医薬品を検査する。

Lighthouse Instrumentsの社長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ベール氏は「わが社の最新鋭レーザー技術により、製薬業界に最高のリーク検知機器を提供できることは、この上ない喜びだ。この機器は顧客が高度な製品管理の目標を達成することを助ける」と述べた。ボッシュとLighthouseの今回の提携は単なる供給協力にとどまらず、ボッシュはLighthouseと協力することにより、最高のHSA技術と幅広い専門知識、コンサルティングサービスを顧客に提供できる。

▽Lighthouseについて
Lighthouse Instrumentsは米バージニア州シャーロッツビルにあり、医薬品やバイオ医薬品、受託生産の各業界へレーザーテスト計測システムを納入する世界的な大手企業。その事業は計測サービスと実験機器、オートメーションの3部門に分かれている。

    www.lighthouseinstruments.com

▽ボッシュについて
ボッシュ・グループはグローバル規模で技術とサービスを提供するリーディングカンパニー。世界の従業員数は約36万人、2014年の売上高は490億ユーロに上った。事業はモビリティ・ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営している。ボッシュ・グループはロバート・ボッシュGmbHとその子会社の約440社、さらに約60カ国にある現地法人で構成され、販売、サービス代理店を加えると、約150カ国で事業展開している。

ソース:Lighthouse Instruments, LLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。