logo

シャドウハンター主演女優「クラリー・フレイ」役にキャサリン・マクナマラ

コンスタンティン・フィルム 2015年05月12日 14時53分
From 共同通信PRワイヤー

シャドウハンター主演女優「クラリー・フレイ」役にキャサリン・マクナマラ

AsiaNet 60460 (0627)

【バーバンク(米カリフォルニア州)、ミュンヘン(ドイツ)2015年5月11日PRN=共同通信JBN】
*共演はドミニク・シャーウッド、アルベルト・ロゼンデ、エメロード・トビア、マシュー・ダダリオ、アイザイア・ムスタファ

ドイツの映画会社コンスタンティン・フィルム(Constantin Film)と米ABCファミリー・ワールドワイド社が運営するテレビ局ABCファミリー(ABC Family)は「シャドウハンター」の「クラリー・フレイ」役にキャサリン・マクナマラの起用を決定した。マクナマラは最近では長編映画「ニューイヤーズ・イブ」で主演しており、長編映画「メイズ・ランナー」シリーズの「The Scorch Trials」やこの夏のABCファミリーの人気シリーズ「ザ・フォスターズ」にも登場する。

映画「シャドウハンター(SHADOWHUNTERS)」はカサンドラ・クレアのベストセラー・ヤングアダルトファンタジー小説「シャドウハンター(The Mortal Instruments)」シリーズを原作としており、主人公のクラリー・フレイは18歳の誕生日に自分は自分だと思い込んでいた人間ではなく、本当の自分は人間と天使の間にできた古い血統「シャドウハンター」の一人で、悪魔の狩人だと知る。

クラリー・フレイは美しく、想像力に富み、聡明(そうめい)で将来を嘱望された美大生だったが、母親が誘拐され、自分の人生はうそで固められていたと知った時、明るかったはずの未来が暗転する。クラリーは突然、ミステリアスなシャドウハンター、ジェイスや彼女の友だちサイモンが悪魔狩りをする世界に放り込まれた。クラリーは妖精や魔法使い、吸血鬼、そしておおかみ男たちが住む世界で自分探しの旅を始め、徐々に自分の過去や未来に何が起きるのかを学ぶ。想像を超える危険に満ちた闇の「シャドーワールド」だが、彼女は瞬く間に生き抜くすべを学んだ。クラリーは行動することを迫られるたび、今まで自分が知らなかったさまざまな力を持っていることを知り、この世界の主人公は自分だと自覚するようになる。

シャドウハンターのエグゼクティブ・プロデューサーはエド・デクター、マックG、コンスタンティン・フィルムのロバート・クルツァー、Unique Featuresのマイケル・リンとロバート・シェイ、マージョリー・ダヴィドとマイケル・ライスの各氏。プロデューサーはコンスタンティン・フィルムのドン・カーモディ、ダヴィド・コーミカンとマーチン・モスコビィチの各氏。監督はこのシリーズを始めて手がけるマックG(マックG)。既に、同ネットワークから「ジェイス」役にドミニク・シャーウッド(「バンパイア・アカデミー」)、「サイモン」役にアルベルト・ロゼンデ、「イザベル・ライトウッド」役にエメロード・トビア、「アレック・ライトウッド」役にマシュー・ダダリオ(「人生、サイコー!」)、「ルーク・ガロウェイ」役にアイザイア・ムスタファ(「モンスター上司」)各氏の配役が発表されている。

▽コンスタンティン・フィルムについて
コンスタンティン・フィルムは30年以上にわたって品質と成功を体現してきた。同社はドイツ映画が国内外で確立する上で大きな役割を果たした。コンスタンティン・フィルムは1977年にベルント・アイヒンガー氏によって創立され、2009年にメディア・コングロマリットConstantin Medien AGに吸収されるまでの間に、ドイツ・メディア業界で最も成功した独立系映画製作・配給会社として頭角を現していた。コンスタンティン・フィルムは事業としてドイツ語および英語による劇場映画製作、劇場映画配給、家庭エンターテインメント配信、ライセンシング、テレビ制作などを行っている。

コンスタンティン・フィルムは多様な映画作品を手がけており、ヒット作品や受賞作品もあるが、内容的にも小説の映画化、歴史もの、アクション映画、さらにジャンル映画まで幅広い。作品には「ネバーエンディング・ストーリー」「ファンタスティック・フォー」シリーズ、「薔薇の名前」「名もなきアフリカの地で」「ヒトラー ~最期の12日間~」「バーダー・マインホフ 理想の果てに」「愛と精霊の家」「バイオハザード」シリーズ、「ゲーテなんて クソくらえ」「あと1センチの恋」などがある。

▽問い合わせ先
Constantin Film
Publicity
Telephone: +49-89-44-44-60-100
E-Mail: filmpresse@constantin-film.de

ソース:Constantin Film

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。