logo

北京国際空港 24時間以内のトランジット手続き免除を4月15日から試験開始

中国国際航空 2015年05月12日 13時16分
From Digital PR Platform


中国国際航空が乗継拠点空港として利用している北京首都国際空港では、利用客の皆様の利便性アップを図るため、北京首都国際空港を利用した第三国へのお乗継の場合、24時間以内であれば、入国手続きを免除する試みを4月15日から試験的に開始しました。

北京首都国際空港を乗継地点とし第三国に行く場合、北京首都国際空港内での滞在時間が24時間以内、かつ定められた区域から外に出る予定がないお客様に限り、手続きを免除するという制度です。空港第3ターミナル、及び第2ターミナルではそれぞれ、中国国際航空、北京首都空港航空グランドスタッフが対応させていただきます。

中国国際航空は北京首都国際空港を拠点として、世界各国へ就航しています。トランジット時間が短いなど利便性が高く、利用客の皆様にはご好評をいただいていますが、今回の手続き免除により、さらに利便性を上げることで、より多くの皆様へ快適な空の旅をご提供致します。

-----------------------------------
中国国際航空(CA:エアチャイナ)とは
中華人民共和国のナショナルフラッグキャリアで、1949年に設立された航空会社(当時社名は 中国民航、のち分社化)。保有機材は、ボーイング機・エアバス機合わせて300機以上を保有し、日本、そして世界各地と中国を結んでいます。1974年9月に東京・大阪に就航。現在では、東京(成田・羽田)、大阪、札幌、仙台、広島、名古屋、福岡、沖縄、函館の9都市と中国を結ぶ路線を運航 しています。スターアライアンスメンバー。
ホームページ:日本 www.airchina.jp 本社 www.airchina,com (中国語・英語)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。