logo

ハイブリス、通販ソリューション展に 最新のオムニコマース・テクノロジーを体験できるブースを出展

O2O、IoTを活用したアパレルおよび食料品店向けの体験型ショーケースを用意し、顧客購買体験を高める最新の施策を紹介

コマース・プラットフォームを提供するハイブリスソフトウェア(an SAP Company)は、2015年5月13日(水)から15日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第3回 通販ソリューション展【春】」(主催: リード エグジビション ジャパン株式会社)に出展します(小間番号: 東17-37)。

ハイブリスでは、最新のオムニコマース・テクノロジーを活用した体験型ショーケースを展示するほか、最新のSAP hybris CEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)ソリューションや業界別ソリューションを紹介します。また、株式会社NTTデータ、オープンテキスト株式会社、サイバーソース株式会社が、同ブース内で共同ソリューションを展示する予定です。

■体験型ショーケースについて:
① 「The Changing Room」(試着ショーケース)
O2O(オンライン・ツー・オフライン)の購買体験を高める体験型ショーケースで、アパレルショップを例に、オンラインショッピングサイトで選択した商品を試着に来た顧客に対して、入店時にその情報を把握し、試着室に設置したタブレット端末から顧客の試着に関する追加リクエストに応えることができるほか、他の顧客の試着履歴や購買履歴のデータから新たにアクセサリーをお奨めするなど、オンラインと実店舗のデータを活用したサービスを体験できます。

② 「The Smart Wine Shelf」(ワインボトル・ショーケース)
ワインショップを例に、顧客に端末上で簡単な質問に答えてもらうことで、ワインを飲むときのシチュエーションを把握し、棚が光ることでお薦めのワインを紹介するほか、IoTを活用して顧客が棚から取り上げたワインの情報を棚に設置したタブレット端末に表示することで、顧客の購買を支援します。また、販売店員はそれらの情報に加えて、販売に関する情報を端末上でリアルタイムに把握できるので、サービスの向上に役立てることができます。

■展示ソリューションについて
2015年2月に発表された、コンテクスチュアル(=状況に即した)マーケティングを実現できる「SAP® hybris Marketing」のほか、B2BおよびB2C向けのオムニチャネル・コマース・ソリューション「SAP® hybris B2C & B2B Commerce」をはじめとするhybris CECソリューションのほか、消費財・小売・卸、製造、デジタル・メディア・エンターテインメント、旅行、保険、通信、公共等の各業種別ソリューションをご用意しています。

用語解説

ハイブリスソフトウェアについて
ハイブリスソフトウェア (an SAP Company) の提供するオムニチャネルのCEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)ソリューションは、組織が顧客のコンテクスト(状況)をリアルタイムで理解し、関連性が高く、かつインパクトのある顧客体験を提供できるよう支援するとともに、すべてのタッチポイント、チャネルそしてデバイスを通じて商品、サービスおよびデジタルコンテンツの販売促進を支援します。3M、アシックス、ブリヂストン、Everything Everywhere、ギャラリー・ラファイエット、ジョンソン・エンド・ジョンソン、リーバイ ストラウス、ネスレ、ネスプレッソ、ニコン、Rexel、サムスン電子、テッドベーカー、Tommy Bahama、W.W. Graingerなどの世界有数の企業に対して、最先端の顧客データ管理、コンテクストに即したマーケティングツール、統合化コマース処理を提供し、利益をもたらす優良顧客の獲得、維持、拡大を支援しています。hybris Commerce Suiteおよびhybris MarketingはSAPのCEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)のソリューションスイートの中核を担い、SAP® Cloud for Sales、SAP Cloud for Service、SAP CRMと組み合わせることで、チャネルをまたがった顧客情報の統合化ビューの提供、シンプルな顧客エンゲージメントの実現、そして複雑な業務課題を解決するための基盤、フレームワーク、ビジネスツールを提供します。詳細はwww.hybris.com/ja/をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。