logo

現役の「ママ」がマクドナルドの現場を確認 食の安全・安心について公開するプロジェクトを開始 「Mom’s Eye Project (ママズ・アイ・プロジェクト)」

日本マクドナルド株式会社 2015年05月11日 12時51分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、食の安全・安心に関する取り組みの一環として、新たな活動「Mom’s Eye Project (ママズ・アイ・プロジェクト)」を2015年5月11日(月)より開始いたします。

このプロジェクトは、Q&Aサイト「見える、マクドナルド品質」や、カサノバが各都道府県の店舗を訪問する「タウンミーティング」といった既存の活動に重ねて実施するものです。

“食品について特に厳しい目を持つのは、いつも家族のことを想う母親(ママ)である”との考えにもとづき、現役のママたちに日本マクドナルドの店舗や農場、オフィスなど食の安全・安心に関わる現場を直接確認していただき、その模様を特設webサイトや各種ソーシャルメディア、店頭配布のリーフレットなどを通じて広く公開してまいります。

■Mom’s Eye Projectの主な活動

1.一般のママやお客様から、ご意見・ご質問を広く募集
・一般のママをはじめとするお客様から、マクドナルドに対して「見たい」「確かめたい」と思うことや、率直なご意見・ご質問などを、特設webサイトや各種ソーシャルメディアを通じて広く募集いたします。

2.「Mom’s Eye Table」による意見交換
・一般のママをはじめとするお客様からいただいたご意見・ご質問をもとに、“マクドナルドの食の安全・安心を確認するためにはどのような活動をすべきか”を議論する意見交換会「Mom’s Eye Table(ママズ・アイ・テーブル)」を、月1回程度、定期的に実施いたします。
・「Mom’s Eye Table」には、食や栄養に関心が高い現役ママ(=Mom’s Eye Tableメンバー)のほか、プロジェクトリーダーとして「Mom’s Eye Project」を推進いただく放送作家の鈴木おさむさん、日本マクドナルドの代表取締役社長兼CEOのカサノバや担当社員などが参加いたします。

3.ママが直接、店舗や生産現場を確認
・「Mom’s Eye Table」で話し合われた内容をもとに、複数のママには実際にマクドナルドの店舗や生産現場を訪れていただき、直接その目で現場を確認していただく予定です。

4. 特設webサイト等で活動内容をレポート
・店舗や生産現場でママが確認した内容は、レポートとしてまとめ、特設webサイトのほか、各種ソーシャルメディア、店頭配布のリーフレットなどを通じて広く公開してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。