logo

新サービス「モバイル基地局数動向調査」のお知らせ

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Holdings(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、新サービス「モバイル基地局数動向調査」(年間契約)を発表いたしました。

株式会社ROA Holdingsは、年間契約の「モバイル基地局数動向調査」を販売開始します。
本調査は、昨年から提供してきた総務省の無線局等情報検索に基づく「モバイル基地局免許数速報レポート」を引き継ぐものです。

「モバイル基地局免許数速報レポート」は、個別免許をベースにしており、包括免許のフェムトセルや屋内局は、含まれていませんでした。
免許取得の効率化のため昨年10月に電波法が改正され、包括免許がフェムトセルや屋内局以外にも適用できるようになりました。
それによって各社はマクロ局も順次包括免許に移行しており、その結果、従来の「モバイル基地局免許数速報レポート」では局数の大幅な減少傾向が見られるなど、実態を反映したものではなくなっていました。

今回、提供します「モバイル基地局数動向調査」は、個別免許に加えて包括免許も同じフォーマットで調査します。これによって各社のマクロセルの局数のみならず、フェムトセルや屋内局についてもその実態に則した局数の把握が可能となります。
さらに、各周波数帯の増減傾向を時系列に分析し、各社の帯域戦略、エリア戦略を明らかにし、将来の帯域別局数を予測します。


■新サービス

モバイル基地局数動向調査
-総務省の無線局等情報検索に基づく各周波数帯の時系列分析と各社の帯域戦略-



■調査対象

・NTTドコモ
・KDDIグループ(UQ Communicationsを含む)
・ソフトバンクグループ(ワイモバイル、WirelessCityPlanningを含む)

・PHSを除く携帯電話サービスで使用されているすべての周波数(800MHz、900MHz、1.5GHz、1.7GHz、2GHz、2.5GHz、今後予定されている700MHz、3.5GHzを含みます)

・各管轄エリア別(北海道、東北、関東、信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄)

・包括免許にいては、フェムトセル、屋内小型基地局、BWA、その他基地局等と言った無線局種別局数をカウントします。



■発刊スケジュールとその内容

2015年4月より発刊
・毎月末に指定フォーマット(エクセル)での基地局数をレポート(年12回)
・四半期ごとに各周波数帯の増減傾向を時系列に分析したレポート(年4回)
・最終回に年間を通して総括、各社の帯域戦略、エリア戦略の分析し、将来の帯域別局数を予測したレポ-ト(年1回)



■レポートの形態

エクセル、およびPDF
※レポートは弊社から納品致します。



■販売価格

1年契約(年間120,000円、税別)
※お申込み時に請求書を発行させていただきます。2015年4月末までに申込みの方には100,000円(税別)の割引価格で提供させていただきます。



■お申込み方法
①まずは、ROAサイトへ無料会員登録: リンク
②メールで申込み: report@roaholdings.com
※お申込み時に名前と会社名を必ず教えてください。



■会社概要

社名 : 株式会社ROA Holdings
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@roaholdings.com
その他支店 : 韓国支社、中国支社、香港支社、台湾支社、シンガポール支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業



■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Holdings レポート・マーケティングチーム 担当:李ソリ
TEL: 03-3356-0874 Email: report@roaholdings.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。