logo

NSW、エネルギー管理システムのBEMSサービスを開始 ~商用ビルや商業施設のエネルギー見える化をスマートに実現~

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、5月よりエネルギーマネジメントシステム「ENESMA(エネスマ)シリーズ」のサービスラインナップを拡充し、商用ビルや商用店舗向けのエネルギー管理システム「ENESMA BEMS Suite」の提供を開始しました。

2013年5月に提供を開始した「ENESMA」は、“特定メーカーや規格などに縛られない相互接続性の高いエネルギーマネジメントシステムの実現”をコンセプトに、ECHONET Liteに準拠した家電製品や設備機器を宅内や外出先からスマートフォンやタブレット端末を用いて制御し、電力使用量などをリアルタイムでモニタリングするEMSソリューションです。

「ENESMA BEMS Suite」は、これまでのENESMAコンセプトを踏襲しながら、商用ビルや商業施設に特化した電力消費量予測、エネルギーの見える化、遠隔制御機能を実装したシステムを提供します。特に、温湿度や照度等の各種センサーとの連携によって施設内環境の最適制御が可能であり、施設利用者の快適性を損なうことなくピークカット、省エネを実現します。さらに、これらの機能をクラウドと連携することで、単一施設から複数施設までを共通のシステムで管理できるスケーラビリティを備えています。

また、本ソリューションではNSWのM2M/IoTプラットフォーム「Toami」との連携によって、システム構築にかかるコストと導入までの期間を大幅に短縮でき、BEMSの導入をよりスピーディーかつ柔軟にサポートします。

なお、NSWは 5月13日(水)~15日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第4回IoT/M2M展」(ブース番:西1-72)において、「ENESMA」シリーズ各種を紹介します。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発、LSIやボードの設計開発を手掛けています。また、製造業、金融保険業、物流業向けなどの基幹システムや各種業務システムの構築、運用・保守サービス、自社データセンターでのアウトソーシングサービスもワンストップで提供しており、これらの実績を生かしたクラウドサービスを展開しています。詳細はリンクをご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部第一営業部:荒木
TEL:03-4335-2610
FAX:03-4335-2651
E-mail:Embedded-Info@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室IR広報担当:太田、河岸
TEL:03-3770-4014
FAX:03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。