logo

FPCが最小のタッチ指紋センサーを公開

Fingerprint Cards 2015年05月07日 19時05分
From 共同通信PRワイヤー

FPCが最小のタッチ指紋センサーを公開

AsiaNet 60409(0600)

【イエーテボリ(スウェーデン)2015年5月7日PRN=共同通信JBN】Fingerprint Cards(FPC)は、同社最小のタッチ指紋センサーである新しいタッチ指紋センサーFPC1022とFPC1035を公開した。

FPC1022とFPC1035は主に携帯電話の裏面に組み込むことを想定したセンサーで、サイズを縮小されたことによってスマートフォンOEMは製品ポートフォリオの中にタッチ指紋センサーを組み込む余地が増えることになる。またサイズ縮小によって、モジュール・メーカーは、外観に加え、小型円形センサーを作製するなどタッチ指紋センサーの手触りをカスタマイズできる可能性が向上する。FPC1022とFPC1035はその他のFPCタッチ指紋センサーと同じように、3Dイメージ品質、低消費電力、超高速で便利なユーザー認証のためのFPC OneTouch(R)など、FPCのタッチ指紋センサーを業界トップにしている特性を提供する。

FPC1022とFPC1035のサンプルは顧客にすでに配布されており、モジュール・メーカーおよびスマートフォンOEMが開発プロジェクトを進めている。FPC1022とFPC1035は2015年第2四半期に大量生産できる予定。

FPCのヨルゲン・ラント社長代行兼最高経営責任者(CEO)は「当社の研究開発部門は、センサーが業界トップの生体認証性能を備えたセキュアで便利な認証を提供する特徴を犠牲にすることなく、タッチ指紋センサーのサイズを縮小することに一貫して成功しきた。最近、われわれは当社のタッチ指紋センサーをスマートフォン裏面に取り付けるという大きな成功を収めた。われわれはFPC1022とFPC1035を市場導入することによって、将来の統合プロジェクト向けにより競争力のあるソリューションを提供できることになる」と語った。

▽Fingerprint Cards AB (株式公開企業)について
Fingerprint Cards AB(FPC)は個人固有の指紋を分析と照合によって身分証明をするバイオメトリック部品および技術を開発、製造、販売している。この技術は、個別もしくは互いの組み合わせで使用することができるバイオメトリックセンサー、プロセッサー、アルゴリズム、モジュールで構成されている。FPC技術が提供する競争上の利点は、独自の画質、最高度の堅ろう性、低電力消費、完全なバイオメトリックシステムなどを含む。これら利点と極めて低い製造コストを実現する能力は、そのような特質に極めて厳しい要求があるスマートカード、携帯電話など、量産製品に実装することができる。同社の技術はまた、IT、インターネット・セキュリティー、アクセスコントロールなどにも利用できる。

Fingerprint Cards AB(株式公開企業)は、スウェーデンのSwedish Securities Market Act(2007:528)およびSwedish Financial Instruments Trading Act(1991:980)に従ってこの情報を開示する。情報は2015年5月7日午前8時(中央欧州時間)に公表された。

(重要情報)
このプレスリリースの発行、公表、配信は特定の国では制約の対象となりうる。このプレスリリースの受け手は、特定の国で施行されている規則および規制に従って、このプレスリリースおよび構成されている情報を利用する際に責任を持つものとする。このプレスリリースはいかなる国で、同社のいかなる証券の取得もしくは取得契約することの提案、もしくは募集でもない。

▽問い合わせ先
Jorgen Lantto
Acting CEO of Fingerprint Cards AB(publ)
+46-31-60-78-20
investrel@fingerprints.com

ソース:Fingerprint Cards

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。