logo

アングリーバード ✖ KITERETSU パズルバトルRPG『アングリーバードファイト!』アジア太平洋地域で配信開始!

ロヴィオジャパン株式会社 2015年05月07日 18時35分
From PR TIMES

Rovio Entertainment Ltd.と KITERETSU inc.は、共同開発したアングリーバードシリーズ最新作 パズルバトルRPG『アングリーバードファイト!』のAndroid(TM)版および iOS版を、本日2015年5月7日よりGoogle Play(TM)とApp Storeのアジア太平洋地域にてそれぞれ配信開始いたしました。



[動画: リンク ]



『アングリーバードファイト! 』は、Rovio史上初の日本で開発を進めた全く新しいタイプのアングリバードゲームです。プレイヤーはバード達と共にピギーアイランドを離れピッグ達のいない安住の地を求める航海に出ます。お馴染みのピッグ達もエリアボス、イベントボスといった形で登場し、プレイヤーとバード達の行く手を阻みます。幅広い層のプレイヤーに楽しんで頂けるマッチ3パズルを基本とし、レベルアップ、アイテムの装備によりキャラクターを強化していくなど、これまでのアングリバードゲームには見られないやり込み要素を実装いたしました。ゲームは、世界中のプレイヤーとのリアルタイム対戦を通じて新たな島の発見・開拓を行っていく基本プレイと、「モンスター(レイドバトル)」や「アリーナ」といった期間限定イベントで構成されています。プレイヤーは他プレイヤーとのスリリングなリアルタイム対戦を楽しめるだけでなく、期間限定イベントやゲーム内に散りばめられた豊かなキャラクター表現により、全く新しいアングリーバードの世界観を体験できます。

なお、この度の配信開始を記念して、KITERETSUのアニメーション「紙兎ロペ」とのコラボ企画も予定しています。その他、様々な企画が続々進行中です。ご期待ください。

Rovio Entertainment Ltd. 日本代表 及川克己

ロヴィオが初めて日本で開発したアングリーバードゲームの最新作です。従来のアングリーバードとは異なる世界観やリアルタイムの対戦、また、継続的に展開されていくイベント等をぜひお楽しみ下さい!

KITERETSU inc. 代表取締役社長 日下部雅謹

アングリーバードの世界観で、全世界の数千万人のプレイヤー達とマッチ3パズルでリアルタイム対戦する『アングリーバードファイト!』がアジア太平洋地域で5月7日サービスインしました。グローバル全地域も近日中にローンチします。2015年の日本スタイルのゲームデザイン(リアルタイム対戦、レイドバトル等の定期イベント、キャラクター育成RPG、ガチャシステム)で、11言語対応を行い、国と人種を問わず世界中で楽しんでもらえるゲームになりました。是非、プレイしてみてください!

RovioとKITERETSUがお送りする全く新しいアングリーバードのカタチを、是非、お楽しみください。



アングリーバードと一緒にパズルバトルをしながら海や島を大冒険しよう。遊び方はとっても簡単! バードを縦・横に3つ以上そろえるだけ。制限時間内にたくさんそろえると、それだけ敵に大ダメージを与えられるぞ。パズルは連鎖も可能だ。4つ同時消しや5つ同時消しではスペシャル攻撃ができて、相手のパズル画面のオジャマもできるぞ。さらにバトルに勝つとアイテムをゲットできることも。アイテム装備でパワーアップしながら冒険しよう!
[画像1: リンク ]

アプリ名
   アングリーバードファイト!(英語タイトル: Angry Birds Fight!)
価格
   基本プレイ無料 アイテム課金制
対応端末
   iPhoneおよびiPad
   Android™ スマートフォンおよびタブレット
ダウンロードURL
   Apple iTunes Store – リンク
   Google Play - リンク
公式サイト
   リンク


[画像2: リンク ]





『Angry Birds』は全米や欧州を始め、中東やアジアなど世界各国の「App Store」および「Google Play™」のランキングにて1位を獲得し、世界中で絶大な人気を誇るカジュアルアクションゲームです。シンプルな操作とやり込み度の高い物理学ベースのゲーム、また、豊かなキャラクター表現、魅力的な世界観で、2015年5月現在、シリーズ累計ダウンロード数は全世界で25億を超えています。

モバイルゲームでの成功を切欠に、Angry Birdsはエンターテイメント、出版、ライセンス事業、アニメーション等に展開を進め、現在では、世界的に愛されるキャラクターブランドの一つへと大きく成長を遂げました。
[画像3: リンク ]





フィンランドに本社を置くRovioは、Angry Birdsフランチャイズのクリエイターとして世界的な成功を収めたエンターテイメントメディア会社です。2003年に携帯ゲーム開発スタジオとしてスタートさせ、以来モバイル•プラットフォームを中心としたゲーム開発に力を入れ、数々の賞を獲得してきました。
2009年にタッチスクリーンのスマートフォンを対象としたゲームAngry Birdsをリリースし、そのシンプルさが受け、2010年以降世界中で爆発的なブームを引き起こしました。Angry Birdsは成長し続け、様々な新しいビジネス方面へと進出しています。Rovioは、電波媒体、マーチャンダイジング、出版、そしてサービス業まで幅広い活動を行っています。



KITERETSUは、『世界中で100年後も愛されるオリジナルのエンターテインメントをつくっていく』という考えのもと、2007年に東京で設立。自社IP(Intellectual Property)を企画開発し、国や人種を問わず必要とされる最高のエンターテインメントを日本発信で幅広く提供していくことを目指しています。
主な自社IPは「ズーキーパー」「紙兎ロペ」「ソリティアモンスターズ」。
<会社ホームページ> リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。