logo

営業マンが全員正社員だと利益が出にくくなります

営業代行に強い、株式会社ITコアh吉政忠志氏のコラム「営業マンが全員正社員だと利益が出にくくなります」を公開しました。

##
日本が高度成長期の時代は、日本全体の市場が拡大を続けており、人を雇用すれば売り上げが伸びるいい時代でした。この時代は多少経営効率が悪くても、物量 的に投資をすればそれなりに利益が出ていたはずです。多くの方が感じている通り、今も今後もそういう時代ではありません。政権が交代し、大企業が中心とな り収益が伸び始めましたが、以前の物量投資で成功する時代はもう来ないと思います。

営業組織においては、全員が製造要員ではないため、収 益率が悪い営業マンは部門収支を悪化させる原因になります。かといって、営業マンを厳選し採用をしようとしても、そう簡単に良い人材は雇用できないですよ ね。営業マンを採用できないと当然売り上げが伸びませんので、その場合、収支以前に売り上げ減少によって会社が成り立たなくなります。ご存知の通り会社は 赤字でも経営できますが、収入が止まると会社は途端に立ちいかなくなります。

一方で良い営業とはどういう営業でしょうか?

売れる営業でしょうか?
案件発掘するのが得意な営業でしょうか?
決定力がある営業でしょうか?
横展開が得意な営業でしょうか?

営 業部門や担当するミッションなどによって様々な定義があると思います。これら全てが得意な営業がいればそれはそれで素晴らしいですが、そうはいませんし、 仮に大量雇用しようとしても、いわゆる営業のエースですから人件費もバカになりません。新規開拓から、提案、クロージング、既存顧客ケアまで全ての役割を エースに任せるとエースは気分がめいって、気分が腐って、会社を辞めたりすることもありますよね。

今の時代における収益性が高い営業組織とは、その営業組織が重要であると考える営業ミッションをエース級とエース候補の正社員営業で雇用し、そのほかは契約社員、派遣スタッフ、営業代行などで対応するのが、もっとも収支効率的な営業組織運営になっています。

そ の中でも営業代行は目標コミットしたうえで営業活動をするので、営業組織にはとても向いているサービスです。営業組織において重要なのは作業時間のコミッ トではなく、作業成果のコミットです。営業代行は作業成果をコミットして行うサービスですので、自社の営業マンのように活用できる外部の傭兵サービスなの です。

さて、今回ご紹介するご提案書は、まさにそのような課題をもったお客様のご提案書になります。興味がある方は以下の資料をご覧いただき、是非、弊社に営業代行をご用命いただければ幸いでございます。

提案書:美容食品セールスアウトソーシング

想定課題:首都圏、特に東京にパートナーになりうる企業および流通集中しているので東京を拠点とした営業活動を行う。 また、選任営業をおくことで早期の事業立ち上げを行いたい。

資料のダウンロードはこちらからお願いします。
リンク

関連情報
http://j1.itcore.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。