logo

Fidenza Villageがミラノ万博に「イタリア産品の大使館」をプレゼント

Fidenza Village 2015年05月01日 16時47分
From 共同通信PRワイヤー

Fidenza Villageがミラノ万博に「イタリア産品の大使館」をプレゼント

AsiaNet 60346 (0573)

【ミラノ(イタリア)2015年4月30日PRN=共同通信JBN】
*Fidenza Village(フィデンツァ・ビレッジ)がファッションからアート、デザイン、料理、音楽におよぶ独占イベントを主催し、有名な大使やパートナーも参加して、ゲストに本物のイタリア体験を提供

Fidenza Villageはミラノ現代美術館に新設されたトリエンナーレ・デザイン美術館で、2015年国際博覧会(EXPO 2015、万博)とともに今後6カ月間開催する独占イベントのプログラムを発表した。Value RetailのCollection of VillagesのひとつであるFidenza Villageは、ミラノ、ボローニャ両市からわずか60分の場所にあり、イタリアの大手高級アウトレット・ショッピング体験を提供している。

(Logo: リンク )

ビレッジは万博期間中、アート、食品、ファッション、デザイン、音楽におよぶ最高のイタリア産品を紹介する。Fidenza Villageのため特別に企画され、5月1日スタートするイベントは、Value Retail Managementのデジレ・ボリエー最高経営責任者(CEO)から大使、パートナーに明らかにされた。

Fidenza Villageは向こう6カ月間、イタリア文化の土台をめぐる3つのテーマ、「Romantic Opera(ロマンチック・オペラ)」「La Dolce Vita(甘い生活)」「Italian Passion(イタリアの情熱)」にインスピレーションを受けたイベントの大劇場になる。

*5月1日から6月30日まで、Fidenza VillageはRomantic Operaをたたえる。見事な監督、舞台装置、衣装によって、Fidenza Villageはイタリア・ロマン主義の典型的なスタイルを披露

*7月と8月はLa Dolce Vita、および世界の羨望の的であるイタリアの生活様式に焦点を当てる

*最後の2カ月はItalian Passionにささげられる。ゲストはイタリア産品すべてを網羅する忘れがたい多感覚体験を享受できる

Value Retailのデジレ・ボリエーCEOは「万博期間中、このような美しい環境でFidenza Village主催のプロジェクトを発表できてうれしい。『The Embassy of Made in Italy(イタリア産品の大使館)』というイニシアチブの神髄は、Fidenza Villageの周辺環境を特徴づける歴史的遺産をたたえることである。それは最高の『イタリア産品』の基盤である。Value Retailは近隣コミュニティーをプロモート、地域の遺産を受け入れ、創造的な協力を通じて海外の消費者に向けて称揚することに誇りを持っている。万博はそのような機会の最適のプラットフォームである」と語った。

「イタリア産品の大使館」の大使は以下の通り:

▽ファッション
ファッション界の大使はイタリア・ファッション協会の名誉会長でイタリア・ファッション業界のリーダー、マリオ・ボセッリ氏。

ボセッリ氏は「Fidenza Villageを万博の『イタリア産品の大使館』に転換するというValue Retailの偉大なプロジェクトに参加できて光栄だ。万博は、イタリアの卓越性の各分野に関連するさまざまな革新的イベントを開催する。あらためて言いたい。ファッションにとっては業界が健全な状態にあって世界最高級の製品を持つことは大きな誇りである。業界は180億ユーロ以上の貿易黒字を記録、約6万社が57万人の従業員を抱えている」と話した。

Fidenza Villageには万博の6カ月間、独自の遺産からインスピレーションを得たイタリア・ファッションの最高級ブランドが出店、Romantic Opera、La Dolce Vita、Italian Passionの3テーマに生命を吹き込む。

▽食品
ファッションからイタリアの卓越性のもうひとつの柱、食品へ。ミシュランの星を獲得したシェフで万博の大使でもあるダビデ・オルダーニ氏がイタリア料理スタイルの最高峰を披露する。オルダーニ氏は万博期間中ビレッジに出向き、もうひとりのミシュラン・シェフ、マッシモ・スピガローリ氏とともにイベントを開催、エンターテインメントショーを披露する。マッシモ・スピガローリ氏は自分のレストラン、Antica Corte Pallavicinaを通じて最高の地元料理を調理する。

ダビデ・オルダーニ氏は「地域の発展は常にわたしの仕事を導いてきた。だから、わたしは大いなる喜びとともに、オリジナル体験を生み出すために協力するというFidenza Villageの招待を受け入れた。それは最高のローカル、グローバル要因の相乗効果である」と話した。

このほかのパートナーであるAcademia Barillaは、成人と子ども向けにRomantic Opera、La Dolce Vita、Italian Passionの3テーマに及ぶ料理デモを披露する。ワイン部門世界最高の見本市、Vinitalyは精選されたワインの試飲を提供する。

▽アート
イタリアの文化シーンで最も興味深い人物のひとり、パトリック・トゥットフォーコ氏はビレッジのためにキュレーターのダビデ・クアドリオとインスタレーションを制作、「イタリア産品の大使館」の役割を担って3テーマを探求する。彫刻という表現手段を使う彼のインスタレーションは、Fidenza Villageが「解説」を生み出すのを補完する。それはビレッジの劇場としての格を引き上げ、ゲストの参加が求められる「感覚」体験を象徴するものである。

パトリック・トゥットフォーコ氏は「このプロジェクトの一員になれてうれしい。わたしはFidenza Villagの価値のすべて、最高のイタリア産品に対する情熱を共有したい。わたしはイタリアの独自性概念をたたえて解釈するために、このようなコンセプトを視覚的な特注作品に仕立てるように努めてきた」と話した。

▽音楽
音楽はイタリア産品の土台であり、感情レベルで遺産の文化と価値を伝達する。Fidenza Villageはロマン派の作曲家ヴェルディの出身地域にある。大使兼パートナーのFondazione Arena di Verona(ベローナ野外劇場財団)はゲストをオペラに近づける現代風アレンジの公演によってFidenza Villageのゲストを驚かせる。

▽Fidenza Villageについて
Fidenza Village はValue Retailが欧州と中国で開設・運営するCollection of Villagesのひとつ。英国の有名なBicester Villageも一部である。Fidenza Villageはミラノ、ボローニャ両市からわずか60分の場所にあり、イタリアの大手高級アウトレット・ショッピング体験を提供している。Fidenza Villageではイタリア内外ブランドから精選された世界最高級のファッションとホームウエアのブティックが一カ所に集中、年中無休で推奨小売価格の最大70%ディスカウントで販売している。Missoni、Class Roberto Cavalli、ヴィヴィアン・ウエストウッドは国際ブランドのほんの一例にすぎず、Furla、Simonetta、ディーゼルなどイタリアのデザイナーのブティックもある。ビレッジが提供するサービスには、ミラノからのShopping Express(R)コーチサービス、ツーリスト・インフォメーションセンター、ハンズフリー・ショッピング、手荷物一時預かり所、シャトルサービス、予約制の買い物代行がある。ビレッジにはレストラン、デリカテッセン、カフェもそろっており、豪華なショッピング体験と快適な外出を求めるビジターの目的地になっている。詳しい情報はFidenzaVillage.com を参照。

ソース:Fidenza Village

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。