logo

日立製作所 電力システム社が、エンタープライズPLMとしてArasを採用

大手電力システムメーカーが、グローバルPLMエンジニアリングデータITフレームワーク構築にArasを選択

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーおよび日本・東京で2015年4月30日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。

ANDOVER, Mass. and TOKYO, Japan – 2015年4月30日 – エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、電力システムに関する機器やサービスを提供する株式会社日立製作所 電力システム社が新しいグローバルエンジニアリングデータITフレームワークのバックボーンとしてエンタープライズPLMにAras Innovatorを採用したと発表しました。

日立製作所 電力システム社は、モノづくりプロセスの効率化と製品品質の最適化を実現していくにあたり、いくつかのPLMシステムを評価したのち、Webプラットフォーム技術、アプリケーションの柔軟性、豊富なカスタマイズ機能を重視し、最も適したツールとしてArasを選択しました。日立製作所 電力システム社はAras Innovatorプラットフォームを使用して、国内外における複数の事業拠点や部門間で多くの重要なプロセスを統合していく予定です。

「Arasでは、グローバルな製品設計・生産を統合するために必要となる多くの業務プロセスと製品のデータソースを単一のシステムで管理することができますので、情報の清流化による業務品質向上とリードタイム短縮により、大きな競争上の優位性をもたらしてくれるでしょう。」と日立製作所 電力システム社 スマートトランスフォーメーション推進本部 ビジネスプロセスIT推進部の加葉田 究氏 は述べています。

「私たちは、世界中の日立製作所 電力システム社の事業において製品開発を最適化する核となるPLMプラットフォームを提供できることを光栄に思います。Aras Innovatorスイートは、幅広い分野の製品やシステムにわたり異なるプロセスを統一するために電力システム社が必要としている拡張性と柔軟性を提供します。」とArasのプレジデント、Peter Schroerは述べています。

【日立製作所 電力システム社について】
日立製作所 電力システム社は、「先進エネルギー技術で地球社会の未来に貢献しています」をスローガンに、原子力、一般産業分野の機器やサービスなど広範囲にわたり優れた技術・製品を提供するグローバルリーディングカンパニーです。

【Arasについて】
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては www.aras.jp および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。