logo

バリオセキュア、「バリオデータプロテクト(VDP)」を刷新し、6月1日より提供開始

バリオセキュア株式会社 2015年05月01日 11時00分
From DreamNews

バリオセキュア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長: 稲見 吉彦)は、データプロテクトサービスで提供している「バリオデータプロテクト(VDP)」を刷新し、6月1日より開始することを発表いたします。

「バリオデータプロテクト」は、バリオセキュアの開発した専用アプライアンスに、バックアップソリューションプロバイダとして実績の豊富なブルーシフト社のソフトウェアを組み合わせて提供する、月額課金モデルのバックアップサービスです。

この度のサービスの刷新により、従来の100/250ギガバイトのバックアップ容量を、300/600ギガバイトへと大幅アップすると同時に、専用バックアップソフトウェアの提供や、コントロールパネルのスマートフォン対応を実現するなど、より大容量データのバックアップとシンプルな運用を実現するサービスとしてリニューアルしました。

バリオセキュアでは、この度の「バリオデータプロテクト」の刷新にあたり、ブルーシフト様より、以下のエンドースメントをいただいております。

『ブルーシフト株式会社は、「バリオデータプロテクト」の刷新に歓迎の意向を表明いたします。 国内5,000拠点を超える企業向けマネージドセキュリティサービスで培った運用ノウハウと、ブルーシフトのバックアップ技術を融合し提供してきた「バリオデータプロテクト」を、より大容量のバックアップニーズに対応させたことで、バックアップ環境の構築や運用に課題を抱える多くの企業に、安心なバックアップ環境の提供が実現できることを確信しています。』

ブルーシフト株式会社
代表者 アンドリュー・アンダーソン
ブレント・ライコー


バリオセキュアは、企業のネットワーク・セキュリティとデータバックアップ環境をマネージドサービスとして提供することで、お客様の運用負担を軽減した安全なビジネスをサポートしてまいります。

《ブルーシフト株式会社について》
ブルーシフト株式会社は、クラウドバックアップサービスを提供する大手プロバイダです。オフサイトで安全に管理されたディスクベースのデータバックアップ、リカバリー、アーカイブソリューションは、中小企業から大企業まで、あらゆく規模の組織や企業で利用可能です。ブルーシフトでクロスプラットフォームのデータバックアップソリューションを独自に開発、提供することにより、顧客のコストとリスクを削減し、サービスレベルを向上させます。
ブルーシフトは2004年、ネットワークセキュリティの専門家チームにより創立されました。東京本社を拠点として、サービス開発ソリューションい継続的に投資し、日本をはじめアジア市場のニーズに重点を置いています。ブルーシフトの詳細は、リンクをご覧いただくか、info@dataprotection.jpまでお問合せください。


《バリオセキュア株式会社について》
バリオセキュアは、多様なセキュリティ機能を実装したセキュリティアプライアンス機器「VSR-VarioSecure Router」の製造ならびに VSR を使用したマネージドセキュリティサービスの提供と、UTM 機器「VCR-Vario Communicate Router」の販売を行っています。米国に本社を持つコンピュータセキュリティ監査の最大手である ICSA の Firewall 認定を取得している国内メーカーとして、また、多様なセキュリティソリューションを提供するソリューションプロバイダとして、お客様のニーズにいち早く対応し、常に先進のセキュリティ/ネットワークソリューションをご提供する企業を目指します。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
バリオセキュア株式会社
住所 :東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F
TEL :03-6416-5080(平日9:00~18:00)
E-mail :pr@variosecure.net
Webサイト:リンク

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。