logo

2015年度Altair Enlighten Awardの審査員が発表に

3年目を迎える、自動車産業全体を対象とした軽量化の成果をたたえる賞の審査を担当する自動車産業の著名なリーダーの方々を発表

Altairは、2015年度Altair Enlighten Awardの審査を担当する自動車産業の著名なリーダーの方々を発表しました。Altair Enlighten Awardは、自動車の燃費・性能の向上に必要不可欠な車両軽量化におけるイノベーションの評価に特化した自動車産業で唯一のアワードプログラムです。オートバイ、乗用車からトラックやバスまで、自動車産業全体での軽量化における成果を評価するために、AltairとCenter for Automotive Research(CAR: 米国自動車研究センター)が共同で創設しました。

本アワードプログラムの審査員は、以下の自動車産業のリーダーの方々で構成されます:

Jay Baron博士:ミシガン州アナーバーに拠点を置くCARのPresident兼CEO、およびCARのCoalition for Automotive Lightweighting Materials(CALM: 自動車軽量化素材連合)のDirector

A. Harvey Bell氏:ミシガン大学の工学技術教授、およびMultidisciplinary Design Program(多領域設計プログラム)のCo-Director

Gary Latham氏:Pratt & Miller Engineering社のDirector of Design Engineering

Imtiaz Haque博士:Clemson University International Center for Automotive Research(クレムゾン大学自動車研究国際センター)のFounding Chair兼Executive Director

Royston Jones博士:Altair ProductDesign EuropeのPresident、およびGlobal Chief Technology Officer

Clemens Schmitz-Justen博士:CSJ Schmitz-Justen & Company社のFounder兼Head of Strategic Consulting、Clemson University College of Business and Behavioral Science(クレムゾン大学ビジネス・行動科学学部)の国際プログラムの元Director、サウスカロライナ州スパータンバーグBMW Manufacturing LLCの元President

Chris Theodore氏: Theodore & Associates Automotive Industry Consulting社のPresident、ASC, Inc.の元CEO、Ford Motor社のVice President、DaimlerChrysler社のSenior Vice President、General Motors社の北米最先端自動車開発部門の元Executive Director

Ryan Gehm氏: SAE InternationalのAssociate Editor。機関誌であるAutomotive Engineering、Off-Highway Engineering、およびAerospace Engineeringの記事を執筆。材料、内装、ボディ、シャーシを中心に、先進テクノロジーの話題に15年以上携わっています。Gehm氏は本賞の審査員に新たに加わりました。

「Enlighten Awardは、2025年に向けて燃費規制が段階的に引き上げられるなかで、その障壁を乗り越えるために新しい軽量化技術を開拓し新しい方法を発見した先進企業をたたえる賞です。自動車産業はEnlighten Awardの技術から知見を得られるだけでなく、克服は不可能と考えられていた壁を打ち破った実際の技術を目の当たりにすることになります」とCenter for Automotive ResearchのPresident兼CEOのJay Baron博士は述べています。

エントリーはa href="リンク target="_blank">www.altairenlighten.com/awardにて2015年5月29日まで受け付けています。最終候補者は6月に選出され、受賞者はミシガン州トラバース市で8月に開催される第50回CAR Management Briefing Seminarsにおいて発表されます。

AltairのGlobal Automotive Vice Presidentを務めるDavid Masonは、次のように述べています。「2015年度Altair Enlighten Awardに際し、前年度の審査員の方々を再びお招きすることができ非常に嬉しく思います。またRyan Gehm氏を審査員として初めてお迎えできることは私の喜びです。SAE InternationalのAssociate Editorとしての経験、機関誌Automotive Engineeringへの参与により、Gehm氏は、車両軽量化に関する各国の最新のトレンドや戦略に精通しておられます。2015年度の審査委員会で重要な役割を果たしてくださることでしょう」。

Altair Enlighten Awardは軽量化に関する成功事例を紹介するプラットフォームを提供しており、業界のリーダーたちが軽量化分野での傑出した功績を同業者に認知される機会となっています。本賞の目的は、毎年のこうした功績をたたえ、政治家、教育者、学生および社会からの関心を集め、業界での新たなアイデアをさらに競い合う機会を創出し、技術的な進歩を共有できるようにすることです。

【お問い合わせ】
アルテアエンジニアリング株式会社
マーケティング
03-5396-1341(代)
marketing@altairjp.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

自動車産業全体を対象とした軽量化の成果をたたえる唯一の賞 Altair Enlighten Award

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■Altairについて
Altairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2300人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、22ヵ国に40以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。


■CARについて
CAR(自動車研究センター=Center for Automotive Research)は、ミシガン州アナーバー市に拠点を置く非営利団体です。同センターでは、世界の自動車業界が向かう未来にまつわる重要なテーマに関連した研究を行うとともに、自動車関連業界にとって有益、かつ業界の連携を促進するフォーラムの企画運営を手がけています。詳細は、CARのウェブサイトwww.cargroup.orgをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。