logo

ペディグリー(R)ブランド、世界中の犬で「Feed the Good(良さを育てる)」ことを目指す

マースペットケア 2015年04月30日 19時17分
From 共同通信PRワイヤー

ペディグリー(R)ブランド、世界中の犬で「Feed the Good(良さを育てる)」ことを目指す

AsiaNet 60339

ペディグリー(R)ブランド、世界中の犬で「Feed the Good(良さを育てる)」ことを目指す

--世界をより良い場所にするために犬が果たす役割に注目するBBDOの新たな世界的なキャンペーン

ブリュッセル、2015年4月30日/PRニュースワイヤー/ -- 私達は今非常に複雑な時代を生きている。1日24時間、週に7日、人は、文字通り次から次へと急ぎ動き回っている。しかし、世界の何処に住居を構えていても、よだれだらけのキス、ちょっとしたしっぽの振り、あるいは興奮した吠え声を通して、私達が常に生活の中で最もシンプルな事に瞬時に再びつながることを助けてくれる友達、犬がいる。そして、今日、ペディグリー(R)ブランドの「Feed the Good(良さを育てる)」と名付られた新しい世界的なマーケティングキャンペーン開始と共に、この毛のフワフワした友達はふさわしい立場で脚光を浴びることになる。

動画 - リンク

BBDOが立ち上げた「Feed the Good」は、ペディグリーの数年ぶりの世界的キャンペーンであり、犬はその無邪気さによって私達が自分自身と再度つながることを助けて人々の中に良さをもたらすというシンプルだが普遍的な洞察に基づいている。マース(Mars, Inc.)のグローバルペットケア部門最高マーケティング責任者であるLeonid Sudakov氏は次のように述べた。「動物との交わりがどのように人々の生活を変え、改善するかが研究で証明されています。犬それぞれの愛すべき無邪気さを育むことでペディグリーは、犬が世界にもたらす良さを育てるお手伝いをします。」

世界中の良さを育てる
ペディグリーは、独創的な「Feed the Good」とその他の総合的なマーケティング要素を、まずオーストラリア、ブラジル、ニュージーランド、アメリカから展開し、その後今年後半から2016年にかけて市場を追加していく予定である。この世界的な洞察は、「Feed the Good」の全実施に注がれる予定だが、その創造的な中身は、キャンペーンが実施される市場の状況に適したものとなる。

テレビ、印刷物、オンライン広告上およびこれらを超えて、このキャンペーンは、店内展示、ソーシャルメディア、コンシューマー・プロモーション、宣伝活動などの様々な総合的なマーケティングの取り組みが追加される予定である。ニュージーランドなどいくつかの市場において、このキャンペーンは、グーグル等の企業と提携して開発された世界的なデジタルソリューションでサポートされる。

オーストラリアでの「Good Fight(良い争い)」
「Feed the Good」キャンペーンの初回テレビコマーシャルは、5月4日にオーストラリアで放送開始予定。「Good Fight」のタイトルで、数人の若い大人が街角で戦う構えをしている場面で始まる。争いが白熱しかけたちょうどその時、彼らの中の一人が、歩道で沈み込んだ飼い主から離れて、一匹の犬が交通量の多い通りの真ん中に取り残されているのに気づく。突然、男たちは自分達の問題忘れてその犬を保護しようと駆け寄る。安堵した飼い主は、犬を救ってくれた2人の男達の所に行き感謝する、そして争いは忘れられたままとなる。

ブラジルでの「First Days Out(出所初日)」
ブラジルでは、2人の前科者ジョーイとマットの実際の旅を追うオンラインのドキュメンタリーフィルムを通して「Feed the Good」キャンペーンが開始されるが、その中では2人が出所後すぐにそれぞれ犬を飼う。「First Days Out」と題したこの感動的な3分間の動画は、新たな機会、友情の芽生え、仲直りなどの思いもよらないこれらのペアがもたらす良いもの全てを描いている。ドキュメンタリーに加えて、ペディグリーは、「Dogs World(犬の世界)」と題した30秒のテレビコマーシャルを2015年後半に開始する。

ペディグリーは、世界最大のドッグフードブランドであり、実際には、このブランドは世界で6番目に大きいフードブランドである。「『Feed the Good』は、犬にとって世界をより良い場所にする当社の継続中のコミットメントにおけるまさに次の章となります。」とSudakov氏は付け加えた。

ツイッター、インスタグラム、YouTube上の「Feed the Good」広告を#FeedtheGoodでフォロー。

マースペットケア(Mars Petcare)について
マースペットケアは、「ペットにより良い世界(R)」を作るために日々取り組んでいるペットフードと獣医医療を提供する世界大手企業です。マースペットケアは、ペットは私達の生活をより良くし、ペットを飼うことで誰もが喜びと恩恵を享受できると確信している。マースペットケアは、ぺディグリー(R)、WHISKAS(R)、ロイヤルカナン(R)、BANFIELD(R)、アイムス(R)といった10億ドルを稼ぐブランドを含む合計38のブランドの品揃えを持つ。その他有名なブランドには、シーザー(R), NUTRO(R)、シーバ(R)、ドリーミーズ(R)、KITEKAT(R)、CHAPPI(R), CATSAN(R)、FROLIC(R)、パーフェクトフィット(R)、グリニーズ(R)、ユーカヌバ、NATURA等がある。主要専門ブランドには、Mars FishcareのAPI(R)、Aquarian(R)、Rena(R)、Pondcare(R)、Mars HorsecareのWinergy(R)、Spillers(R)、Buckeye(R) Equivite(R)、ペットの栄養と健康に関する主要な科学的権威であるWALTHAM Centre for Pet Nutrition(R)がある。世界中に37,000以上のマースペットケア関連企業がある。

マース・インコーポレイテッドについて
1911年に米国ワシントン州タコマの自宅キッチンでフランク・C・マースが初めてキャンディを作ったことが菓子企業としての始まりです。1920年代には息子のフォレスト・マースが事業に参画し、MILKY WAY(R)バーを発売しました。1932年にはフォレストが、あらゆるステークホルダーとの“互恵”の精神に基づいた事業を築く夢を抱き、渡英しました。この精神は今日も変わらずマースの礎であり続けています。現在、マースは米国バージニア州マクリーンを本拠に、ペットケア、チョコレート、リグレー、食品、ドリンク、シンビオサイエンスの6つの事業を展開し、世界には7万2000人を超える従業員が働いており、マースの原則を実践することで、ビジネスを通じて人々と地球に影響を与えています。

マースの主なブランドは以下の通りである:
ペットケアーペディグリー(R)、ロイヤルカナン(R)、ウィスカス(R)、キティキャット(R)、バンフィールド動物病院(R)、ニュートロ(R)、シーバ(R)、DREAMIES(R)、シーザー(R);  チョコレートーM&M’S(R)、スニッカーズ(R)、DOVE(R)、GALAXY(R)、MARS(R)、MILKY WAY(R)、TWIX(R); リグレー DOUBLEMINT(R)、EXTRA(R)、ORBIT(R)、5(TM)  チューインガム、SKITTLES(R)、STARBURST(R)キャンディ、アルドイズ(R)とライフセーバー(R)ミント; フード-UNCLE BEN’S(R)、DOLMIO(R)、EBLY(R)、MASTERFOODS(R)、SEEDS OF CHANGE(R)、ROYCO(R);ドリンク-ALTERRA(R)COFFEE Roasterscoffee、THE BRIGHT TEA CO. (R)ティ、DOVE(R)/GALAXY(R) ホットチョコレート、フラビア(R) ブリューワー; シンビオサイエンス-COCOAVIA(R)、WISDOM PANEL(R)、SERAMIS(R)。

詳しい情報はリンク を参考してください。フォローはリンクリンクリンク へどうぞ。

(R) / (TM)トレードマーク(C)マース・インコーポレイテッド2015年、 その他のトレードマークはそれぞれの所有者に帰属する。

窓口: Jerry Gleason, Jr., +1-312-988-2277, jgleason@webershandwick.com

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。