logo

Miaozhen Systemsの呉明慧会長兼CEOに「A-List Digital China」のデジタル起業家に指名

Miaozhen Systems 2015年04月30日 13時35分
From 共同通信PRワイヤー

Miaozhen Systemsの呉明慧会長兼CEOに「A-List Digital China」のデジタル起業家に指名

AsiaNet 60321(0561)


【上海(2015年4月29日PRN=共同通信JBN】
*「Campaign Asia-Pacific」誌が授賞

アジア最大手広告専門誌「Campaign Asia-Pacific(キャンペーン・アジア・パシフィック)」は4月23日、上海でDigital 360 China Summitを主催し、デジタルマーケティングとデジタル広告部門の数人の有力者が中国のデジタル部門の将来について協議した。同夜開かれた「A-List Digital China 2015」授賞式で、Miaozhen Systemsの創業者である呉明慧(Wu Minghui)会長兼最高経営責任者(CEO)は、中国のデジタルマーケティング産業への大きな貢献に対して「A-List Digital China 2015」の「Digital Entrepreneurs(デジタル起業家)」として特に指名された。A-list夕食会は世界のトップブランドやエージェンシーから100人余りの指導者と経営者が集まって大成功を収めた。

 Photo - リンク
 Photo - リンク

特別指名の発表につながるスピーチで氏のいくつかの経歴が紹介された。呉明慧氏は2006年にMiaozhen Systemsを創設、現在は会長兼CEOを務めている。同氏は専ら同社開発戦略の立案と実行とともに、同社ビジネス活動、マーケティング戦略、コアテクノロジー、研究とイノベーションに責任を持っている。さらに同氏はビッグデータ・マーケティングのテクノロジー開発を積極的に進めている。

呉氏は北京大学でコンピューターサイエンスの修士号を受け、同氏がMiaozhen Systemsの世界的ビジネス開発戦略、業務管理、グローバルな技術革新で指導力を発揮することに大いに役立った専門技術のフィールド・ビッグデータ・テクノロジーで著名な専門家になった。同氏はソフトウエア開発に15年以上の経験と、ソフトウエア開発管理に11年の経験を持っている。同氏はデジタルメディア広告、アドエクスチェンジ、プレゼンテーション・プラットフォームのモニタリングから派生するデータ解析に関連するさまざまな大規模R&Dプロジェクトの管理と実行を自ら指導し、金融、自動車、目まぐるしく変化する消費財分野のフォーチュン500社クライアントにサービスを提供している。呉氏はより注目すべきプロジェクトの中でも、特にゼネラルモーターズ(GM)向けビッグデータ・プラットフォーム・プロジェクトとともにチャイナユニコム(China Unicom)向けのデジタル広告プラットフォームとビッグデータ管理を指揮した。同氏は20以上の国内、海外の発明特許に加え、アルゴリズムを開発する優れた能力に対する多くの国際受賞歴を取得している。

中国の代表的なビッグデータ・マーケティング・テクノロジー開発企業であるMiaozhen Systemsの業績は、呉明慧氏の素晴らしい指導力と経営能力なくしては生まれることはなかった。創設以来9年、同社は中国のビッグデータ・マーケティング・テクノロジーのイノベーションを先導し、同社は数回にわたって、その後業界標準になった新しいソリューションやサービスを中国で初めて開始してきた。Miaozhenは2008年、中国初の第三者広告モニタリング・測定システムのAdMonitorを展開した。同社は2009年には、マーケティング調査会社Millward Brownと手を組み、TV GRP(テレビ視聴率)と比較されるような方法で、デジタル広告キャンペーンが対象とする視聴者の規模を測定する、その種で初のモニタリングシステムiGRP(internet Gross Ratings Point)を開発した。Miaozhenのモニタリングシステムは2010年には、P&Gの28ブランドのデジタル広告キャンペーンの結果を測定するため展開され、Miaozhenは同年中国で最も精巧なクロスメディア予算アロケーション・オプチマイザーであるMixReachを展開した。同社は2012年9月には、中国初のモバイルインターネット広告をモニター、計測する初の第三者ソフトウエア開発キットを正式に展開、同じ年に日本市場に参入した。同社は2014年、中国初の異常ネットワークフロー・モニタリングモジュールのSmartVerifyと、世界初となるPC、モバイル双方向けのクロススクリーン・モニタリングシステムを展開するとともに、同じ年にCCTVと提携して「Spring Festival Gala」のテレビ視聴率をモニター・測定した。同社は2015年1月、中国で最も革新的な企業(MIC 50)の1社に指名された。

2014年は呉明慧氏とMiaozhen Systems双方にとって実りある年だった。Miaozhenはこの年を通じて同部門でますます影響力が高まり、Deloitte Technology Fast 50(TF50)China 2014、Zero2IPO Venture 50、Influencing China:2014 Best Digital Marketing Companyとともに前述のMIC 50を含むいくつかの賞を受賞した。呉氏は2014年10月に中国のビッグデータ部門を代表してIAB(Internet Advertising Bureau)グローバルサミットに招請され、同氏は会議で「The Rapid Development of Mobile Video -- China's Practice(モバイルビデオの急速な発展-中国の実践)」と題する講演で、中国のビデオ市場とMiaozhen Systemsがいかに広告を正確に提供して広告主を支援してきたかを説明して、大きな注目を浴びた。この講演は、サミットの出席した国内デジタル業界のトップリーダーばかりでなく、諸外国からサミットに出席したデジタル業界リーダーからも賛同を受けた。その称賛は世界のデジタルリーダーが抱く呉氏への高い評価を示すものだけではなく、中国のデジタル業界が世界的に大きな影響力を持つようになったことを示している。呉氏は自身の努力を通じて、世界に貢献した方法によって中国のデジタル産業の発展に大きな貢献を果たした。呉氏はさらに、関連する中国政府機関と協力して、中国のマーケティング業界標準と統合IP地理情報標準ライブラリーの設定に尽力した。Miaozhen Systemsは2015年3月、中国広告協会と共同して業界で高く評価されているChina Mobile Internet Advertising Standards(中国モバイルインターネット広告基準)を公表した。

呉氏が発表した見解は個人の見方とともにMiaozhen Systemの事業目的を反映している。「われわれはマーケティング担当者やメディア組織に対し、その要求を満たす製品やソリューションを提供する。客観的なデータ、革新的な技術、適切な位置づけに基づいて、われわれはマーケティング担当者が広告のROIを最大化し、メディア組織が利益を高め、広告市場の発展をさらに進めることを目標に設定して広告資源の価値を一段と強化するよう支援する」。呉明慧氏は一貫して、安定し健康的な業界を育て、発展させることにコミットしてきた。と言うのも、同氏は全ての産業の安定的かつ健康的な発展こそMiaozhen Systemsがクライアントに第1級の製品とサービスを提供できることを完全に認識しているからである。Miaozhen Systemsが質の高いサービスを提供するとともに中国のデジタル産業の発展に共同して貢献する能力を備えているのは、まさにこの指針である。

▽Campaign Digital A-List Chinaについて
Campaign Digital A-List Chinaは中国のデジタル産業の発展に貢献した舞台裏の素晴らしい仕事とそのような貢献に至る情熱に対して、中国デジタル部門で最も影響力を行使している企業に贈られる。Campaign Digital A-List Chinaの推薦候補者はこの部門を変革するビジョンを持つイノベーターあるいはリーダーである。中国のデジタル産業を国際舞台に送り込むのはこれら候補者の努力にかかっている。

ソース:Miaozhen Systems

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。