logo

京都丹後鉄道、4月前半の利用人員が前年度104%を達成

WILLER ALLIANCE株式会社 2015年04月30日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015/4/30

WILLER TRAINS株式会社

京都丹後鉄道、4月前半の利用人員が前年度104%を達成

WILLER TRAINS株式会社(リンク、代表取締役:村瀬 茂高、以下、ウィラートレインズ)が4月1日より運行を開始した京都丹後鉄道の4月1日~4月15日における利用人員が61,326名(前年比104%)と前年を上回りました。特に、特急の利用が前年比113%、土休日の利用が前年比112%と前年を大きく上回る実績で、要因としては4月1日より販売を開始した企画乗車券によって特急自由席がお得に利用できること、週末の移動促進につながったことが考えられます。

■利用人員実績
1.特急列車
2014/4/1~4/15 10,840人
2015/4/1~4/15 12,224人
前年比 113%

2.普通列車
2014/4/1~4/15 48,303人
2015/4/1~4/15 49,102人
前年比 102%

3.合計
2014/4/1~4/15 59,143人
2015/4/1~4/15 61,326人
前年比 103%

企画乗車券は沿線住民の方の丹鉄利用を促進し、移動を活性化することを目指して販売を開始しました。丹鉄の開業を記念し、大人1,200円で特急自由席・快速列車・普通列車が1日乗り放題となる「開業記念フリーきっぷ」は、4月15日時点で2,538枚を販売。また、沿線高校への入学をお祝いし、4月8日~10日の中の1日が大人1,000円で乗り放題となる「高校入学式おめでとうきっぷ」は434枚、沿線のお花見イベントに合わせて4月の土・日・祝に丹鉄全線が乗り放題となる1日フリーパス「お花見フリーきっぷ」は424枚を販売しており、4月1日より新たに販売を開始した全15種類の企画乗車券の販売実績は3,624枚で、それらの利用によって約12,684回※乗車を創造しました。
※4月1日に販売を開始した企画乗車券全種類の販売枚数1枚あたり、平均乗車回数3.5回と仮定した場合

■企画乗車券販売実績
開業記念フリーきっぷ 2,538枚
イベントきっぷ 880枚
常設きっぷ 206枚
合計 3,624枚
※ 4月1日より新たに販売を開始した企画乗車券のみを算出

実際にフリーきっぷを利用された方の声から、「改めて地元の魅力を知る良い機会になった」や「お得な値段設定なので、もっと乗車する機会を増やしたい」など、沿線内の移動を活性化したことによる今まで知らなかった沿線地域や鉄道で移動することの魅力の発見を促すことができました。今後も、利用者の声を基に沿線エリアの方の移動を活性化する企画乗車券を提案していきます。
また、2015年3月14日のダイヤ改正の際、西日本旅客鉄道が新設する早朝特急「きのさき1号」に接続する便としてダイヤ改正を行った「たんごリレー1号(4001D)」の乗車人数が4月1日~4月15日における利用人員が前年比190%と増加しています。ビジネス利用を想定した同便の利便性向上により、利用人員増加につながったと考えます。

■たんごリレー1号利用人員実績
2014/4/1~4/15 210人
2015/4/1~4/15 400人
前年比 190%

ウィラーグループは、「移動で世界を元気にする企業」をビジョンとし、すべてのお客様がいつでも安心して、快適に利用できる移動サービスを提供します。いつでも新しいことに挑戦し続け、移動にイノベーションを起こし、世界を元気にする「移動産業」を創造いたします。

WILLER TRAINS株式会社はWILLER ALLIANCE株式会社(リンク)のグループ会社です。
この件に関する問い合わせ先:WILLER ALLIANCE株式会社 広報部 山岡 由佳 TEL 050-5810-1843

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。