logo

Veeam Backup & Replication Ver8 Update2がVMware vSphere 6をフルサポート

仮想化対応の統合データ保護ソリューション「Veeam Backup & Replication」Version 8が VMware vSphere 6のVMware Virtual Volumes (VVols), VMware Virtual SAN (VSAN) 2.0等の新規機能をサポート開始

株式会社クライム(東京都中央区)は米国Veeam Software社(オハイオ州コロンバス市)が開発したVMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-V対応のデータ保護ソリューションである「Veeam Backup & Replication」Version 8 Update2からVMware vSphere 6のフルサポートを開始したことを発表しました。

■Veeam Backup & Replication V8 Update2の主な拡張機能
●VMware Virtual Volumes (VVols) と VMware Virtual SAN 2.0のサポート
●Storage Policy-Based Management (SPBM)ポリシー・バックアップとリストア
●Fault Tolerant (FT) VMのリストアとレプリケーション
●vSphere 6 タグ・インテグレーション
●vCenter-vCenter間 vMotionの認識
●VVolへのQuick Migration
●SATA バーチャル・ディスクのHot-Addトランス・モード

■ 弊社ホームページ(リンク)で評価版のダウンロードサービスも開始中です。

□ お問い合わせ先:
(株)クライム
ソフトウェア事業部
TEL:03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp
リンク

□ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、VMware Professional Partnerとして仮想化構築サービス、関連ソフトウェア販売サポート、アプリケーション開発、アウトソーシング・サービスを提供しています。2009年にVeeam Softwareと販売契約を結び、Veeam製品の国内総代理店としてマーケティング、技術サポートも担っています。

□Veeam Softwareについて
2006年に設立されたVeeamはVMware社とマイクロソフト社のテクノロジー・パートナーとしてバーチャル・インフラストラクチャに対する先端のシステム管理ソフトウェアを提供し続けてきました。本社は米国オハイオ州コロンバス市に所在します。

このプレスリリースの付帯情報

VeeamLogo

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。