logo

Hisham Mahmoud博士がGolder Associatesに転じ、新社長兼CEOに就任

JCN 2015年04月29日 07時00分
From JCN Newswire


Calgary, Canada, Apr 29, 2015 - ( JCN Newswire ) - グローバル・コンサルティングおよびエンジニアリング企業のGolder Associatesは本日、社長兼CEO にHisham Mahmoud博士を任命したことを発表しました。数ヶ月にわたりグローバル規模で人材を探し求めた結果、Mahmoud博士がこの役職に就任しました。彼は米国ジョージア州アトランタに拠点を置きます。

Mahmoud博士の経歴はおよそ27年に及び、そのうち大半をグローバル・エンジニアリングおよび建設業の多角化企業で過ごしました。前職のSNC-Lavalinには、2013年に新経営陣の一員として入社しました。SNC-Lavalinでは、新設の役職で、SNC-Lavalinのインフラ整備向けコンセッション投資(ICI)、エンジニアリング、建設、運営、維持管理などを行う、インフラストラクチャ・グループの社長を務めました。Mahmoud博士の退職にあたり、SNC-Lavalinは公に彼の持続的で前向きな貢献を称賛しました。彼が事業の非常に困難な役割に取り組み、効率的なモデルおよび世界クラスのチームを構築したこと、また会社が次の段階へ前進し、目標を達成するための基礎を築いたことを評価しました。最近の成功事例で明らかになった、市場での大規模なインフラストラクチャ・プロジェクト数件の受注などが挙げられます。

SNC-Lavalin以前は、AMECにて成長地域担当グループ社長を務め、同社の中東、アフリカ、CIS、アジア、オーストラリア地域における鉱業、石油・ガス、電力、環境・インフラ事業に責任を負いました。彼はまた、AMECのグローバル環境・インフラ事業担当社長も務めています。AMEC以前は、URSおよびその前身であるWoodward-Clydeおよび Dames & Mooreにて勤務し、インフラおよび環境事業にてさまざまな主要な役職を歴任しました。

Mahmoud博士をGolder Associatesに迎えるにあたり、取締役会リードディレクタのIan Smithは、次のように述べています。「今回初めて外部からCEOを雇い、我々の偉大な会社の歴史において、新たな時代の幕開けとなります。Hishamは、事業を前進させるために我々が探し求めた、全ての特性を有しています。彼の経歴に共通する特徴は、付加価値を提供し、事業を成長させるための戦略を推進する能力です。」

Golder Associatesは、世界の主要地域で事業展開し、多くの分野にまたがる複雑なプロジェクトに取り組んでいます。当社の顧客は公共機関から民間企業まで幅広く、そのなかには多くの国際的に知られた企業が含まれます。

Hisham Mahmoud博士: リンク

詳細情報に関しては、WITH PR 内のGolder Associatesコミュニケーション・チームまでお電話(+44 207 249 7769)もしくはメール( golder@withpr.co.uk )にてお問い合わせください。

Hisham Mahmoudについて

Mahmoud博士はカタール大学で土木工学の理学士号を取得し、アリゾナ州立大学で地盤工学の修士号および博士号の両方を取得しました。彼は米国のいくつかの州における登録 PE(Registered Professional Engineer)です。

Golder Associatesについて www.golder.com

Golder Associatesは、グローバルに展開する従業員所有の企業で50年を超える経験を有し、地球環境の整合性を維持しながら、地球開発に携わることを目的としています。世界中の180以上の事業所から、7,000名以上の従業員が、顧客の持続可能な開発における目標を達成するためのソリューションを提供します。具体的には、地球、環境、エネルギーなど当社スペシャリストの領域における、幅広い独立性のあるコンサルティング、設計、建設サービスを提供します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。