logo

RayVioが紫外線LEDの大量普及を目的に930万ドルの第三者割当増資

RayVio 2015年04月28日 17時57分
From 共同通信PRワイヤー

RayVioが紫外線LEDの大量普及を目的に930万ドルの第三者割当増資

AsiaNet 60304(0550)

【ヘイワード(米カリフォルニア州)2015年4月28日PRN=共同通信JBN】
*消費者にユビキタスな殺菌ソリューションを提供する製品

紫外線LED(UV LED)を使った殺菌、安全ソリューションで世界をリードするRayVio(リンク )は28日、同社は第三者割当増資で930万ドルを調達し、ステルスモードから脱したと発表した。新規投資家にはApplied Ventures、Augment Ventures、New Ground Ventures、Tolero Venturesが含まれている。既存投資家のDCM VenturesとCapricorn Investment Groupも今回の増資に参加している。RayVioはこの資金調達で市場ベースの拡大戦略の加速、陣容拡大、さらに紫外線LEDソリューションの産業、商業、消費者分野における大量普及を可能にすることを狙っている。

RayVio最高経営責任者(CEO)のロバート・C・ウォーカー博士は「RayVioの特許取得済みの技術は飲料水の浄化、重病の治療、また表面の消毒などをいつでもどこでも行うことを通じてわれわれの生活に本当の意味での衝撃を与えることでUV市場全体を激変させようとしている。今回の増資は応募超過で当社のブレークスルー技術を証明するものとなったが、これによって当社は陣容を大きく拡大し、世界規模で重要市場にリーチすることが可能になる」と述べた。

RayVioのソリューションは今までと根本的に異なる新たなアプローチを使って技術的な障害をブレークスルーしたもので、紫外線LEDに基づいたシステムとしては最高の効率、最低コストを実現している。同社ソリューションは現在市場に出回っている既存製品に比べ、10倍近い性能向上を実現する。この技術によって今までコストや性能面から利用が制限されていた消費者向けの用途が広がるが、その中には携帯殺菌機器やユースポイントの水殺菌給水栓も含まれ、誰でも安全な水を飲めることを可能にする。

Hytecon GmbHのマネージング・ディレクター兼パートナーで国際紫外線協会(IUVA)前会長でもあるアンドレアス・ケルシュ博士は「紫外線LED光源は多くの安価なユースポイントの殺菌アプリケーションを可能にし、公共の健康を増進することでUV殺菌技術の利用に大きな影響を与えることになる」と述べた。

DCM Venturesゼネラルパートナーのピート・モラン氏は「RayVioの技術はベストタイミングの市場投入になる。きれいな水への願望や感染症の流行によって携帯可能で費用効率が高く、かつこれらの問題に対処できるソリューションに対するニーズが高まっている。製品が実証済みとなり、パートナーや顧客も地球規模の広がりを得たことで、RayVioはニーズの核心をとらえた」と語った。

現在に至るまで、LEDのUV利用はそのパフォーマンスの低さ、高コスト、信頼性の欠如などによってニッチ市場に限られていた。最初、ボストン大学で共同創立者のイータオ・リャオ博士とセオドア・ムスターカス教授が開発したRayVioの特許で守られた新材料と技術は紫外線LEDの分野で「Haitzの法則」に基づいた技術的飛躍を引き起こした。ディスプレーや照明の市場で費用効率の高い可視光LEDの大量普及が可能になったのもこの法則による。

RayVioはさまざまなUV市場で高いパフォーマンスを示し、世界的な評価を受け続けている。RayVio、パートナーおよび顧客は今年中に一連の製品発表を行う予定だ。

▽RayVioについて
RayVioは高性能で低消費電力、携帯可能で耐久性があり、その上費用対効果の高い消費者向け殺菌ソリューションを提供し、UVの利用形態を大きく変えている。

最初、ボストン大学で共同創立者のイータオ・リャオ博士とセオドア・ムスターカス教授が開発したRayVioの特許で守られた新材料と技術は高度に差別化されており、紫外線LEDの産業、商業、消費者などの利用分野における大量普及を可能にする価格ポイントで性能を実現している。

RayVioの新紫外線LED技術によって工業用UV硬化からビタミンD欠乏症や多発性硬化症などの病気治療のためのUV治療機器、UVを使った水、表面、空気の殺菌市場まで最高のパフォーマンスを持ちながら最もコスト効率の高いソリューションが可能になる。

ソース:RayVio

▽問い合わせ先
T.J. de Jony, RayVio, +1.650.208.8482, info@rayvio.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。