logo

ミャンマー・カンボジア・ベトナム 新興メコン諸国の「いま」を知るセミナー、大阪で6月11日に開催


 株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村良)は成長著しいアジア最後のフロンティアとして注目を集める新興メコン3カ国(ミャンマー・カンボジア・ベトナム)に関して、都市部に暮らす市民のリアルな生活実態を分かりやすく解説するセミナー「新興メコン~成長期をむかえたアジアのフロンティア ミャンマー・カンボジア・ベトナムの『いま』を知る」を、6月11日に大阪で開催します。

 セミナーではまず、新興メコン地域での各種調査にも携わっている当社バンコク駐在員事務所長が、現地の最新事情をお話しします。講演では当社が2012年からミャンマーで定期的に実施している家庭訪問調査並びにアンケート調査の結果を基に、写真や動画を交えながら、2011年の経済改革・対外開放への転換以降、現地の生活環境や市民の意識、消費市場がどう変化したかを解説します。併せて昨夏のカンボジアおよび本年4月のベトナムでの調査結果を報告し、新興メコン地域の「いま」を参加者の皆様に感じ取っていただきます。

 続いて、現地進出にあたっての大きな懸念材料である労務管理の問題について、当社執行役員(国際担当)が「アジア人の働く意識」と題して講演します。モチベーションの維持はどうすればいいのか、コンプライアンス違反のリスクはどの程度あるのかなど、アジアの人たちと現地で働く際に重要となるポイントを、当社が昨年末に実施した「世界11か国大企業ホワイトカラーベンチマーク調査*」の結果を基に説明します。

 ASEANや新興メコン市場への進出などをご検討の企業様のご参加をお待ちしております。

 *米、英、仏、独、オランダ、ベルギー、中国、インドネシア、シンガポール、フィリピン、インドの11カ国の、連結売上高1,000億円以上の企業が対象

■詳細、セミナーへのお申し込みはこちらから
リンク


■ セミナー概要                    
【日 時】2015年6月11日(木)13:30~16:30 (受付開始13:00~)
【会 場】ハービスENT オフィスタワー 9階 会議室
     〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー9F
     ★地下鉄「西梅田」駅北側の地下通路「ガーデンアベニュー」 オフィスエントランス(B2F)からお入りください。
【参加費】無料
     *受講券はメールにて6月上旬に送信予定です。
【定 員】80名
     応募〆切:2015年6月4日(木)
     応募多数の場合は抽選とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

【プログラム】
 1.「成長期をむかえたアジアのフロンティア ミャンマー・カンボジア・ベトナムの『いま』を知る」
    日経リサーチ バンコク駐在員事務所長 川村亜気
 2.「アジア人の働く意識」
    日経リサーチ 執行役員国際担当 池田達哉
  
 (注)プログラムは都合により変更になることがあります。

■詳細、セミナーへのお申し込みはこちらから
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。