logo

地域に密着した求人サイト「イーアイデム」が展開する『地元ルネサンス・プロジェクト』Webサイトをリニューアルオープン

更なる地元コンテンツ拡充へ

株式会社アイデム(東京都新宿区 代表取締役社長:椛山亮)が企画・運営する求人サイト「イーアイデム」では、地元を盛り上げていくプロジェクト「地元ルネサンス・仕事ルネサンス」を実施しています。
その一環として、地元関連のコンテンツを集約しているスペシャルサイトをリニューアルオープンしました。本サイトではWeb動画「アイデム演劇プロジェクト」をはじめ、気軽に読めるおもしろ記事から、じっくり仕事と向き合えるインタビュー記事まで、地元をテーマにした内容を掲載しています。今後も、様々な切り口から「地元」にスポットをあてたコンテンツを展開予定です。
また、サイトのリニューアルにあわせて、5月1日より交通広告のデザインも変更いたします(東京・大阪を中心に・仙台・静岡・名古屋・福岡等で掲出)。



■地元ルネサンス・スペシャルサイト URL:リンク                             
[画像1: リンク ]

                    【PCサイトイメージ】           

[画像2: リンク ]


                 【スマートフォンサイトイメージ】



リニューアルのポイント


●PCサイト・・・初めてサイトを訪れた人にも興味を持ってもらえるよう、TOPページの背景に動画を配置
●スマートフォンサイト・・・気軽に何度もサイトを訪れてもらえるよう、各カテゴリの検索性や見やすさを重視


コンテンツ


●「アイデム演劇プロジェクト」・・・Web動画『スマホを片手に走れメロス』『坊っちゃん2015』
●「仕事ルネサンス」・・・地域に密着した仕事をしている人へのインタビュー記事
●「じもwww」・・・地元をテーマにしたブログや、日本全国のおもしろい祭りの紹介記事

他、5月からは地元に関連したおもしろ記事コンテンツをリリース予定


■交通広告新デザイン
[画像3: リンク ]


[画像4: リンク ]

                【交通広告ツインステッカーイメージ】



■「地元ルネサンス・仕事ルネサンス」とは


「地元ルネサンス・仕事ルネサンス」とは、「We Love Jimoto」をサブコンセプトに、日本全国・風習風土の魅力や地元に根付いた仕事を再発見し、「地元での新しい働き方」を模索していくプロジェクトです。新たな雇用創出と労働力の活性化により、地域貢献へ繋げていくことを目的としています。


■「アイデム演劇プロジェクト」とは


ルネサンス期に文化復興運動の柱の一つであった演劇に習い、「地元ルネサンス」の表現の柱として発足されたプロジェクト。文学を題材に、アイデムならではの視点を織り交ぜ、演劇を通して地元を再発見していきます。
第一弾『スマホを片手に走れメロス』は、半年間でYouTube総動画再生回数600万回を突破。3月には第二弾として、夏目漱石の「坊っちゃん」をモチーフにした『坊っちゃん2015』を公開。
第一弾・第二弾ともに、数多くの人気舞台を手掛ける劇団「拙者ムニエル」主宰の村上大樹氏が演出を務めました。

アイデムは今後も様々な活動を通じて、地元を盛り上げ、地域を活性化し、地域貢献を目指してまいります。


<求人サイト『イーアイデム』> リンク
地域性を重視した求人サイトです。利用頻度の高いフリーワード検索を最上位に設置し、検索機能も充実しており、「アルバイト・パート・社員」と「正社員限定」の2つのサイトで、希望の仕事が探すことが可能です。パソコン・携帯電話・スマートフォンにも対応しています。

<株式会社アイデム 会社概要>  リンク
【求人媒体事業】相互マッチング型就職活動サイト「JOBRASS新卒」・求人サイト「イーアイデム」運営。新聞折込求人紙「しごと情報アイデム」(関東圏・静岡県・関西圏・岡山県・福岡県)、求人フリーペーパー「ジョブアイデム」企画・発行
【人材紹介事業】「Aidem Smart Agent(新卒・転職・シニア)」
【アイデム 人と仕事研究所】人材育成:各種セミナー、ビジネスマナー、講師派遣(オリジナル研修)、新入社員育成プログラム
調査・情報サービス:会員制ホームページの運営、オリジナル調査資料の定期発行、人事・労務管理情報誌の編集・発行

<本件に関するお問い合わせ> 株式会社アイデム 広報担当/望月・栗木  電話:03-5269-8780  kouhousitu@aidem.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。