logo

小学生の頂上決戦!「高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」支援30年地元チームを応援する「地域密着型」へサポート体制を強化

日本マクドナルド株式会社 2015年04月27日 15時56分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、「高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」の支援が今年で30年を迎え、これまで以上に学童球児を応援し、地域の皆様と店舗が一体となって地元のチームを盛り上げる「地域密着型」へとサポート体制を強化致します。

本大会は約13,000チーム26万人が参加する“小学生の甲子園”とも呼ばれている国内最大級の大会で、マクドナルドは1986年より特別協賛としてサポートを開始し、これまでに延べ650万人以上の学童球児たちを支援してまいりました。2010年からは、地区予選を勝ち上がった全51チームによる全国大会が明治神宮野球場で開催されるとともに、大会のオフィシャルサポーターに元東京ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏を迎え、まさに学童球児の憧れの大会となっています。

支援30年となる今年は、全国大会の告知のみならず都道府県予選大会開催期間中に、その都道府県内にある全てのマクドナルド店舗において地元で開催される大会のポスターを掲示し、さらに予選大会後には全国大会出場代表チームを紹介することで、店舗と地域が一体となった「我が街のチーム」への応援を促進してまいります。また、代表チームを激励する「団結式」を行った店舗では全国大会の様子をレポート掲出するなど店舗での支援を強化してまいります。店舗とご来店いただくお客様が一体となって大会を応援していくことで、地域に住む方々との繋がりを深めることに貢献してまいりたいと考えております。

また、スポーツを楽しむ子供たちの夢を応援すべく、選手たちの日々のスキルアップや食育をサポートする“キッズスポーツ手帳”の配布を今年も継続して行い、全国の学童球児26万人に提供致します。さらに、東京ドームで開催しているマクドナルドサンデーでは全日本軟式野球連盟に所属する学童野球チームをプロ野球観戦に招待するなど、より元気に、より大きな夢を追いかけて欲しいと願い、学童球児たちをサポートしてまいります。

マクドナルドはこれからも、子供たちの健全な心とからだの育成を願い、地域と寄り添った形での店舗のコミュニティ活動から、全国規模での活動を通じて、全力でスポーツに挑戦する子供たちの夢や希望、情熱を応援してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。