logo

Alcatel-Lucent Enterpriseの新技術が自動デプロイメントおよび運用の合理化でビジネスに敏捷性をもたらす

JCN 2015年04月27日 09時00分
From JCN Newswire


Asia Pacific, Apr 27, 2015 - ( JCN Newswire ) - Alcatel-Lucent Enterpriseは本日、IT運用全体の敏捷性を改善する革新的な自動化により、ネットワーク運用を簡素化する新技術を発表しました。

コンピューティングおよびストレージが進化を遂げ、ビジネスの敏捷性は改善されているにもかかわらず、今日のネットワークの複雑性により、IT部門がビジネスニーズに迅速に対処する能力はこれまで制限されてきました。本日発表されたインテリジェント・ファブリック技術は、サーバー、デバイス、アプリケーションの移動・追加・変更において、よりシンプルなネットワーク設計、容易な相互運用性、プラグ アンド プレイによるデプロイメント、自動再設定を提供します。本技術は最近、「Best of Interop 2015」のネットワーク部門でファイナリストに選出され、4月28日から30日まで開催されるInteropラスベガスにてブース 1027に展示されます。

インテリジェント・ファブリックの主要な構成要素は以下のとおりです。

- 自動化
-- 自動設定 - インテリジェント・ファブリックにより、Alcatel-Lucent Enterpriseのスイッチを箱から取り出し、容易に接続できます。このシステムは、自動的にネットワーク設定を行い、従来数時間を要したネットワーク構築を分単位の速さで実行します。

-- 自動接続 - ネットワーク接続およびアクセススイッチ、サーバー、アプリケーション、サードパーティスイッチ、サードパーティ機器の相互運用性が自動的に設定されます。

-- 自動回復 - インテリジェント・ファブリック技術は、故障に反応する自動再設定により包括的な冗長性と弾力性で常時稼働を可能にします。

-- 簡単な動作・補充・交換 - このシステムは、新規・交換・再配置スイッチ、アプリケーション、デバイス、サーバーを検出し、適宜自動的に設定を更新します。

- VXLANハードウェアゲートウェイ - アプリケーション基盤の管理にVXLAN技術をご使用のお客様は、物理領域と仮想領域の両方を考えなければなりません。先頃リリースされたAlcatel-Lucent OmniSwitch(R) 6900-Q32は、2つの領域をブリッジする完全ワイヤレートVXLANハードウェアゲートウェイを提供します。

- VXLANのオーバーレイの可視性とサービスの品質 - VXLANは、仮想マシン(VM)で稼働するアプリケーションのためのビジネスの敏捷性向上を目的に物理インフラの上に仮想領域を構築します。インテリジェント・ファブリック技術は、VXLAN環境において自動的にVMを識別します。こうしてITに、物理ネットワークとVXLANネットワークにまたがるアプリケーションの可視性、ならびに質の高いサービス・セキュリティ・優先順位付けを提供するツールが生まれました。

- 仮想ネットワークプロファイル - インテリジェント・ファブリック技術は、2011年に導入された独自の仮想ネットワークプロファイル(VNP)機能をVXLAN環境でVMに拡張します。VNPには、ネットワークが仮想マシンから送られるトラフィックをいかに処理すべきかに関する情報(サービス、優先順位付け、セキュリティの品質)が含まれます。新規アプリケーションの導入または動作が発生すると、インテリジェント・ファブリックが、VXLANまたは物理ネットワーク内でアプリケーションを同時検出し、仮想ネットワークプロファイルおよびサービスをネットワーク全域に作成します。さらにVNP機能は、セキュア仮想マシン対応用に拡張されています。

- SDN対応 - SDN環境への移行を簡略化するため、インテリジェント・ファブリック技術は、標準基盤のOpenflow 1.3、OpenStack plug-in、RESTful APIs、組み込みPythonスクリプト機能に対応しています。また、NECとのインテグレーションを実証しており、InteropNet SDN Labにて展示されます。

- インテリジェント・ファブリック技術の管理 - OmniVista 2500管理システムは、ネットワーク、デバイス、それらを流れるアプリケーションの可視性を提供し、ITチームが将来的に必要なキャパシティーを把握しやすくするため、独自の予測ネットワーク分析ツールが含まれます。

インテリジェント・ファブリック技術はデータセンタースイッチおよびコンバージド キャンパス ネットワーク ソリューションの両方にてサポートされ、企業ではネットワークインフラストラクチャのニーズ全てに対して、単一の一貫したアプローチによる恩恵を受けます。現在、インテリジェント・ファブリック技術はOmniSwitch 6900およびOmniSwitch 10Kプラットフォーム、また最近リリースされたOmniSwitch 6900-Q32 プラットフォームにて利用可能です。年内に、この革新的な技術はソフトウェア更新により、OmniSwitch 6860 先進的なアクセス スイッチにもサポートが拡大される予定で、ネットワークエッジからデータセンターコアまで、真のネットワークの敏捷性を提供します。

ZK Research 創業者のZeus Kerravalaは次のように述べています。
「今日のビジネスニーズに対処するアプリケーションや新サービスの導入には、コストと時間がかかりすぎます。しかしながら、事業を成長させるには進化する効率性の高い技術への投資が必要です。今回発表されたAlcatel-Lucent Enterpriseのインテリジェント・ファブリックは、従来数時間を要した新サービスの追加を分単位の速さでできるため、IT部門におけるペインポイントを軽減し、時間、リソース、コスト面で大幅な改善をもたらすほか、IT部門がいかに迅速にビジネスニーズに対処できるかを示します。インテリジェント・ファブリックは次世代ネットワークです。」

Alcatel-Lucent Enterpriseについて

当社は業界をリードするエンタープライズ向けコミュニケーションソリューションおよびサービスのプロバイダで、Alcatel-Lucent Enterpriseのブランドでオフィスからクラウドまで網羅しています。当社は革新という伝統と起業家精神の上に構築され、フランスのパリ近郊に本社を構え、100ヶ国以上で2700人を超える従業員を擁し、全世界で事業を展開しています。

当社ではあらゆる規模の会社に向けた通信、ネットワーキング、クラウドソリューション群を提供しており、技術のエキスパート、サービスの専門家、2900を超えるパートナーが、現地の要件に対処するべく、当社ソリューションやサービスをカスタマイズした形で導入します。こうして、顧客およびエンドユーザー向けのパーソナライズされた「connected experience(つながる体験)」を通して、ビジネス成果をもたらします。 リンク

報道関係者用連絡先
Chua Wei Wei
weiwei.chua@ogilvy.com
T: +65 9833 2654

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。