logo

過去最高更新の訪日外国人旅行客向けに多言語でのルート案内ソリューション「乗換案内Visit」を開始

ジョルダン株式会社 2015年04月24日 09時35分
From 共同通信PRワイヤー

2015/4/23

ジョルダン株式会社

過去最高更新の訪日外国人旅行客向けに多言語でのトータルルート案内ソリューション「乗換案内Visit」を開始

ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 俊和)は、2015年5月11日(月)より順次、訪日外国人旅行客をターゲットにしたルート案内ソリューション「乗換案内Visit」の提供を開始いたします。

「乗換案内Visit」では、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語に日本語を含めた5言語に対応。
乗換経路検索だけでなく、株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山 善司)、株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水 辰彦)提供の多言語地図との連携により、駅と出発地・目的地間の徒歩ルート案内までを、多言語でのトータルルート案内サービスとして実現いたしました。

「乗換案内Visit」は、訪日外国人客が多いエリアや施設での導入を進めており、その第一弾として、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 忠人)が2015年5月11日以降に実施する、東京都港湾局の「東京都臨海副都心MICE・国際観光拠点化推進事業」の平成26年補助対象事業として、臨海副都心地域内で観光客向けに宿泊施設等に設置される専用タブレット端末及び宿泊者向けに貸し出される専用スマートフォンへ、「乗換案内Visit」を活用した「ROUTE CATCH」アプリをプリインストールアプリとして提供いたします。また「ROUTE CATCH」アプリでは、訪日旅行客の利便性を高めるため、観光地地図や乗換案内情報のプリント機能や観光情報も提供いたします。

今後もジョルダンでは、過去最高の訪日客数を記録し今後も増加が見込まれる訪日外国人旅行客に向けて、日本の公共交通機関を便利に快適に利用していただけるソリューションを展開して参ります。

乗換案内Visit紹介サイト:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。