logo

CSAグループ アースデイに環境メッセージ発信  「地球にやさしく エコライフ」を提唱

CSAグループ 2015年04月22日 17時05分
From 共同通信PRワイヤー

CSAグループ アースデイに環境メッセージ発信  「地球にやさしく エコライフ」を提唱

AsiaNet 60232

プレスリリース

CSAグループ アースデイに環境メッセージ発信
「地球にやさしく エコライフ」を提唱

2015年4月22日世界アースデイにあたり、世界をリードする国際試験・認証機関CSAグループはエコマークを推進し、「地球にやさしく エコライフ」をキャッチフレーズに、「エコライフのお勧め」を提唱し、地球のことを考えて行動するよう呼びかけます。

Logo - リンク

数十年来、省エネやエコライフを提唱しているCSAグループは、代替エネルギーの規格制定とイノベーションをはじめ、水資源にも注目し、ENERGY STAR(R)とWaterSense(R)の基準による水質汚濁の測定と認証ができる「エネルギー効率測定プログラム」を開発しました。また、ソーラーパネルや電気自動車など省エネ・エコ商品を含む各種代替エネルギーの規格を推進しています。

世界アースデイに際し、「今日の取組みがよりよい明日につながる」ことを信念に、消費者の皆さんに水資源の節約、ごみの分別収集、省エネ家電の使用、使い捨て製品の使用拒否など、自ら行動を起こし、地球環境の保全に少しでも力になるよう呼びかけます。

CSAグループ エコライフのお勧め
1. 水資源の節約
水は命の源です。水なしでは人間は生きていけません。水道は使用後蛇口をしっかり閉めましょう。水はなるべく再利用しましょう。例えば、お米のとぎ水や野菜を洗った水は植栽に再利用できます。顔洗いや洗濯の水は布きんやトイレの洗浄に使えます。お風呂は控え、シャワーだけにしましょう。お風呂に比べ、シャワーは水の使用量を少なくし、衛生的でもあります。これらの取組みは水資源の節約につながります。

2. 生活ごみの分別
今や多くの国で生活ごみの分別収集を奨励・実行しています。古新聞やペットボトルなどの資源ごみとそうでないごみを分別収集することによって、環境負荷を減らすいっぽうで、リサイクルで新たな価値が生み出されます。ごみを分別し、不用品のリサイクルに協力しましょう。ごみの分別は無害化処理にも寄与します。また、ごみを分別して捨てるという一人ひとりのちょっとした工夫は環境衛生部門や作業員の負担減にもつながるのです。

3. 節電
家電製品は使わない時、電源を切るほか、コンセントも抜きましょう。コンセントを挿したままではわずかながらも電力を消費します。冷房の温度は高めに設定しましょう。電球は省エネタイプに切り替えましょう。家電製品の新規購入時は最も省エネなタイプを選びましょう。省エネ電球は従来の白熱灯より消費電力が60%以上も削減できる上、発光効率が5倍も高い。13Wの省エネ電球が60Wの白熱灯にとってかわることができます。

4. 使い捨て製品の使用拒否
買い物の際はエコバッグを持参しましょう。青や緑色の難分解性のビニール袋の使用は避けましょう。レストランで使い捨て箸を断ることは木を救うことに、ティッシュの替わりにハンカチを使うことは森林の伐採を減らすことにつながります。白い紙は最大限利用しましょう。なるべく再生紙を使いましょう。廃棄した紙は裏紙として使いましょう。古紙1トン=再生紙800kg=木17本i

CSAグループについて
国際試験・認証サービス及び規格制定機関であるCSAグループは安全性、社会福祉と持続可能性に取り組む独立した非営利団体である。業務領域は標準開発、トレーニング、配管、建設、医療、安全技術、家電製品、ガス、代替エネルギー、照明、消費者製品評価などを網羅している。CSA認証マークは全世界の1億以上の製品にみられる。CSAグループに関するより詳しい情報は www.csagroup.orgまで。

連絡先:
陳 萍
メディア広報マネージャー  アジア担当
pino.chen@csagroup.org
86-21-54261199-822

i リンク

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。