logo

NTTアド調査「『LINEママ』のLINE利用実態」を実施

株式会社NTTアド 2015年04月22日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年4月22日

株式会社NTTアド


育児でLINEを活用する「LINEママ」が急増中!
特に働きながら未就学児を育てる「LINEママ」は、ママ友とのつながりや
育児ストレスの発散に活用


 ティーンエイジャーに次いでLINEの利用率が高い世代は、20代、30代女性であり、中でも育児をする女性は活発に利用しているようです。
 (株)NTTアド(東京都品川区、代表取締役社長:長谷部敏治)は、LINEを育児で活用している主婦層を「LINEママ」 と名付け、その利用実態を探るべく、インターネット調査を実施しました。その結果、子供が寝静まった後の夜間を中心にLINEを利用したり、育児ストレスの発散や情報交換を目的とするなど、「LINEママ」に特徴的な利用実態が明らかになりました。以下、調査結果概要となっております。
 ※本調査は、ライフステージごとに検証するため、「有職で子供が未就学児の主婦」「有職で子供が小中学生の主婦」「専業で子供が未就学児の主婦」「専業で子供が小中学生の主婦」の4つを集計軸としております(以下、「有職主婦・未就学児」「有職主婦・小中学生」「専業主婦・未就学児」「専業主婦・小中学生」)。

【調査結果概要】
■「LINEママ」のLINE利用歴
利用歴が「2年以上」のヘビーユーザーの割合が高く、とりわけ「有職主婦・未就学児」層はリテラシーが高い。

■「LINEママ」の1日のLINE平均利用時間
1日のLINE平均利用時間は、概ね「1時間未満」であり、効率的に利用している。「有職主婦・未就学児」層は相対的に平均利用時間が長く、育児相談や情報交換が活発に行われている。

■「LINEママ」のLINEの利用時間帯
「有職主婦」は18時以降のオフタイム、「専業主婦」は18時までのデイタイムが主な利用時間帯。また、「専業主婦」の利用時間帯は分散する傾向があり、育児や家事のスキマ時間を上手に活用している。

■「LINEママ」が利用している主なLINEの機能
「有職主婦・未就学児」層は、ママ友等、不特定多数との会話に積極的に参加し、画像・動画・音声情報の送信といった多彩な機能を使いこなす。「専業主婦・小中学生」層は、不特定多数よりも1対1での会話を好む。

■グループチャットにおけるグループ分けについて
「有職主婦・未就学児」層は、配偶者や両親のグループの割合が多く、「専業主婦・小中学生」層は、学校関連のグループの割合が多い。グループ数は「1~5個」、各々で登録している友達の数は「2~5人」がボリュームゾーンで、コンパクトに整理されている。また、複数のグループに重複して登録している友達の数は少ない傾向にあり、会話を機能的に使い分けている。

■「LINEママ」のテキストメッセージでの主な話題
「有職主婦・未就学児」層では、育児ストレスの発散のみならず、多岐に渡って情報交換が行われている。「専業主婦・小中学生」層は、単なる連絡手段と捉えている。

■「LINEママ」のLINEに対する意識
「未就学児」の子供を持つ「LINEママ」は、LINEの効率性や楽しさを高く評価。「小中学生」の子供を持つ「LINE ママ」は、テキストメッセージ以外の機能をさほど評価していない。

 今回の調査により、「LINEママ」の牽引役とは「有職主婦・未就学児」層であり、多忙な主婦であればあるほど、 LINEの効率性と実利性が高く評価していることが分かりました。「LINEママ」は、さらに増加してくと予想されます。
本調査結果に「LINEママ」へのインタビュー調査結果を加え、弊社ならではの視点で考察した調査レポートを「先事新聞vol.34~『LINEママ』の多忙な一日」として弊社公式サイトで無料公開しておりますので、是非ご覧ください。
NTTアド公式サイト『先事新聞』vol.34→ リンク

【問合せ先】(株)NTTアド 東京都品川区上大崎3-1-1JR東急目黒ビル4F
コミュニケーションデザイン局 小林・花岡 TEL 03-5745-7623





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。