logo

アースデイ:クリーンなディーゼル技術で世界経済と将来を元気付ける

Diesel Technology Forum 2015年04月22日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

アースデイ:クリーンなディーゼル技術で世界経済と将来を元気付ける

AsiaNet 60222(0518)

【ワシントン2015年4月22日PRN=共同通信JBN】4月22日、190カ国で10億人を超える人々が第45回アースデイを祝う行事に参加しているが、大事なことは環境を保護しながら世界経済の活性化に貢献したのはクリーンなディーゼル技術であったことを認識することである。

Logo - リンク

Diesel Technology Forum(www.dieselforum.org )のエグゼクテイブデイレクター、アレン・シェーファー氏は以下のように述べた。
「毎年、われわれは環境を保護・改善し、資源を維持し、生活の質を向上させる責任を果たしてきた。これは単なるビジョンではなく、クリーンなディーゼル技術を主導してきたリーダーおよび企業にとって日常的な現実であり、世界に最新のパワフルなエンジン、機械、車両、それに燃料を供給してきた」

「われわれは将来、新世代のクリーンなディーゼル技術によって、環境保護が前進すると同時に経済的な発展の機会が進んでいることを予想している」

「イノベーションと研究・開発に数十億ドルを投資しているおかげで、エンジン、車両、装備メーカーは現在、排気ガスがほぼゼロの幅広い排気量のエンジンを製造し、向上した燃料消費、備蓄食品から再生可能な幅広いバイオディーゼル燃料を利用できる能力を生み出している」

「重要な理由は、世界経済の鍵となるセクターでディーゼルは有力な動力資源になっていることだ。全世界の貿易総量の90%を占めている。道路建設、産業開発、農業、市場への物資輸送、それに主要な公共サービスの提供などである」

「世界は多様な環境問題と経済的な野心に直面している。特に新旧の車両技術のミックスにおいて顕著である。新旧のディーゼルエンジンの排気ガス対策で中心的な課題は、最高品質の超低量硫化物ディーゼル燃料を調達できるかどうかにかかっている。これらのよりクリーンな燃料は、それを消費するすべてのエンジンや機械に直ちに恩恵をもたらすものであり、すべての国と政府にとって最優先の選択とならなければならない。これは、最新で最もクリーンで、生産性の高いディーゼルエンジンを獲得し、クリーンな燃料が提供する社会的便益が拡大する扉を開くものである」

「世界経済は現在ディーゼル動力に依存している。ディーゼルエンジンは将来のすべての人々の持続可能な未来を実現するために、世界の経済、環境、気候の必要性に応じて変化した」

オンライン・プレスリリースは以下を参照。
リンク

▽問い合わせ先
Steve Hansen
shansen@dieselforum.org
+1-301-668-7230 (o)

+1-202-355-3664 (c)

ソース:Diesel Technology Forum

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。