logo

スパリゾートハワイアンズの新人フラガールがダンスレッスンを開始

常磐興産株式会社 2015年04月21日 18時43分
From 共同通信PRワイヤー

2015年4月21日

常磐興産株式会社
スパリゾートハワイアンズ

デビューに向けての初レッスンを公開

 スパリゾートハワイアンズ附属のフラガール養成学校  常磐音楽舞踊学院(学院長:井上直美、福島県知事認可各種学校)は、4 月1日(水)に入学した新人フラガール(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム) 4 名のダンスレッスンを4月21日(火)に開始しました。

 常磐音楽舞踊学院に入学したのは第51期生で、それぞれの出身地は、福島県いわき市2名、千葉県1名、神奈川県1名。
 4名は常磐音楽舞踊学院に入学すると同時に、常磐興産株式会社に正社員として入社。
入社後、他の新入社員と合同で集合教育を受けた後、同学院での授業を開始し、晴れてフラガール(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム)の仲間入りを目指していきます。

 21日(火)のダンスレッスンでは、同学院のホクラニ橋本講師がフラダンスやタヒチアンダンスの基本、ポイボールという道具を使用したニュージーランドの踊りの指導が行われました。

 指導したホクラニ橋本講師は、「初日で緊張していた様子だったが、全員がフラの経験者ということで次第に和やかになりました。4人揃ってデビューし、新たな花として輝けるように頑張って欲しい。」と期待を語りました。
新人フラガールも、「タヒチとポイボールは初めての経験で課題が見つかりました。練習に励み、今まで応援していただいた方々に恩返ししたい。」(仙道悠莉、神奈川県横須賀市出身、18歳)、「たくさん努力して、皆様の期待に応え、笑顔で楽しく踊れるダンサーになりたい。」(緑川涼香、福島県いわき市、18歳)とそれぞれ感想を述べました。

 今年の新人フラガールは、常磐音楽舞踊学院開校時の第1期生(昭和40年4月1日入学)から数え、第51期生となります。第51期生は、7月にステージデビューする予定です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。