logo

大京グループ、修繕工事施工会社の全株式を取得

株式会社大京 2015年04月21日 16時02分
From Digital PR Platform


大京グループ[株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽)ほか]は、2015年4月21日付で、株式会社秀建(以下「秀建」)の全株式の取得を完了しましたので、下記のとおりお知らせいたします。



■株式取得の背景と目的
 近年、日本の産業界においては人手不足が顕著となり、特に建設分野における就業者は全産業を大幅に上回るペースで高齢化が進行し、将来的な技能労働者の不足が懸念されています。また、後継者難などを背景に、休廃業に踏み切る中小企業も増えています。そのため、建設業界として優秀な技能労働者を育成・確保すること、施工会社が長年蓄積してきた技術や人材、取引先などの価値ある経営資源を継承することが喫緊の課題となっています。

 こうした状況の中、大京グループが受託管理するマンションは約52万戸(全国1位※1)を超えており、築年数が経過したマンションを適切に維持管理していくためには、良質な修繕工事を永続的に行う必要があり、優良な施工会社と強いリレーションを結ぶことが重要な差別化戦略となっています。

 そこで、大京グループは秀建をグループ会社化することにより、修繕工事の品質を確保した上で、コンプライアンス強化や労働環境の改善を行い、相互に成長発展するビジネスモデルを構築したいと考えました。こうした取り組みは、建設業に就職する若年労働者の育成・確保にも繋がるものと考えています。
※1:マンション管理新聞2014年5月25日の紙面より

■秀建について
秀建は、1986年の設立以来、神奈川県を中心に分譲マンションの大規模修繕工事をはじめ、公共工事、学校やビル・店舗・工場などの幅広い建築物の改修工事を展開しています。また、大京グループの施工協力会社として長年の取引関係があり、以前より高い施工品質に定評がありました。

※続きはプレスリリースをご参照下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。