logo

ウルシステムズ、米国DataStax社の国内初ゴールドパートナーに認定

~IoT/M2M向けクラウドソリューションを強化~

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下ウルシステムズ)は、米国DataStax社のゴールドパートナーに国内で初めて認定されました。本日より、DataStax社製品を組み込んだIoT/M2M向けソリューションを提供開始いたします。

 ウルシステムズはこれまでエンタープライズ向けにApache Cassandraベースのクラウドソリューション「BlueRabbit」を提供してきました。BlueRabbit は業務利用に不可欠なトランザクションやリアルタイム処理、自動運用などの機能をApache Cassandraに付加するものです。国内大手企業様を中心にIoT/M2M基盤や基幹業務システムで複数の導入実績があります。

 今回、ウルシステムズはApache CassandraのディストリビューターであるDataStax社のパートナープログラムに参加し、コンサルティング&サービス分野のゴールドパートナーとして認定されました。これを受けて、ウルシステムズはDataStax社の企業向け商用ソフトウェア「DataStax Enterprise(以下、DSE)」に対応するDSE版BlueRabbitを開発しました。

 DSE版BlueRabbitでは、Apache Cassandra版の機能に加えてデータベースのインメモリー化、Apache HadoopやApache Sparkを使ったデータ分析、データの全文検索などの機能を利用できます。データベース部分はDataStax社の公式サポートを受けられます。高い処理性能と信頼性が求められるIoT/M2M基盤に適したソリューションとして市場展開してまいります。

用語解説

※「BlueRabbit」及びこれらのロゴは、ウルシステムズ株式会社の日本及びその他の国における商標又は登録商標です。その他の製品名及びサービス名等は、それぞれ各社の商標又は登録商標です。
※Apache Cassandra版BlueRabbitも継続して提供いたします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。