logo

無線LAN構築でセキュリティが気になる方が知っておきたい技術

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「無線LAN構築でセキュリティが気になる方が知っておきたい技術」を公開しました

###
今日は無線LANのセキュリティについて説明します。有線LANの時は物理的な接続がなければセキュリティはなんとなく安全な感じがしますよね。一方で無線LANとなると、オフィスビルの外から不正アクセスし、社内サーバの情報が抜き取られてしまうリスクを想像してしまう方も多く、どうしてもセキュリティが気になりますよね。
無線LANのセキュリティを検討する際にどうしても出てくる専門用語がいくつかありますので、今回簡単に説明します。他にもご不明な点がございましたらお気軽に以下よりお問い合わせください。

お問合せ窓口:リンク

さて、企業向けの無線LANセキュリティで認証方式の話なると、「IEEE 802.1X認証」と言う言葉が出てきます。「IEEE 802.1X認証」とはLANに接続する端末を予め決められた端末のみに許可する認証方式です。「IEEE 802.1X認証」が現在、企業利用では主流になっています。さて、その「IEEE 802.1X認証」を用いてLANにアクセスする端末を認識する主な方法が2つありますので、簡単に紹介します。一つはAD認証(EAP-PEAP)でもう一つが証明書認証(EAP-TLS)です。前者は文字の通りAD(Active Directory)というディレクトリーサービスを利用して端末の認証を行います。後者はアクセスを許可する証明証を発行するCA(Certificate Authority)局を別途構築して認証を行います。それぞれ特徴があるので、お客様の環境やご要望に合わせて選択することが多いです。


この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。