logo

無線LANが最近つながりにくくなったなぁと感じる場合の原因例

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「無線LANが最近つながりにくくなったなぁと感じる場合の原因例」を公開しました

###
こんにちは。今日は表記の内容で書いてみたいと考えています。なお、ここに書かれている内容はあくまで例であり、無線LANがつながりにくくなったからと言って、以下の内容が原因とは限りません。もしお困りのことがございましたら、お気軽にディーアイエスソリューションにお問い合わせください。弊社は以下の事例にもある通り、無線LANの経験が豊富です。

※無線LAN事例
 リンク

最近よくあることですが、無線LANを使用しているお客様で通信遅延や無線切断が起こることがあります。

無線の電波は目に見えないもので、様々な要因によって通信に影響をきたします。
例えば一つの要因として、Pocket Wifiやテザリング等のWifiがオフィス内で乱立することによって発生する、電波干渉があります。

Pocket Wifiやデザリング等のWifiはスマートフォンやタブレットの普及により、多くオフィス内に持ち込まれるようになりました。これらは社員の私物である場合があり、悪気なく普通にオフィス内へと持ち込まれます。会社の規則として、それらの私物を「持ち込み禁止!」としたいところですが、なかなか難しいところです。

上記、電波干渉以外にも、通信遅延や突然の無線切断など、安定した無線LAN利用を妨げる要因は複数存在します。

そこで、様々な要因がある中で、安定した無線LANを利用できるように弊社が対策として良く提案する内容を簡単にご紹介いたします。


この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。