logo

名作ミュージカル上演シリーズ第6弾「ミー&マイガール」

富山市 2015年04月20日 08時55分
From 共同通信PRワイヤー

4月20日

富山市

オーバード・ホール 名作ミュージカル上演シリーズ第6弾!
「ミー&マイガール」
好評を博し、新演出により再演決定!

 このミュージカルは、名門貴族の若いころのあやまちで出来た一人息子を、貴族の跡継ぎとして一人前の紳士に仕立てる物語です。
 「マイ・フェア・レディ」の男性版とも言われ、1937年にイギリス・ウエストエンドで初演され、1,646回のロングランを記録した大ヒット作品です。今も世界中で愛され続け、日本国内でも宝塚歌劇団や東宝ミュージカルが制作し、再演を重ねています。
 テンポの良い音楽、小気味よいタップダンス、出演者が客席で歌い踊る場面などが楽しい、全年齢層向けの娯楽作品で、観終わった後には誰もがハッピーになれるミュージカルです。

 オーバード・ホールでは、2013年に本作を上演し、その幸福感溢れる出来栄えに各方面から称賛をいただきました。そして再演を切望する声が多く寄せられたため、この度、ご要望にお応えし、新演出で上演することになりました。

 主演のビル・スニブソン役には、オーバード・ホール名作ミュージカル上演シリーズ第1弾から連続出演している、富山出身の女優、剣 幸(つるぎ みゆき)が決定。剣は、1987年宝塚歌劇団による日本初演「ミー&マイガール」で同じビル役を演じ、異例のロングラン公演を成し遂げています。2013年の富山公演では、そんな剣が25年ぶりに新たな意気込みでビル役に挑戦し、大きな話題となり喝采をあびました。
 今回も、どんなビルに出会えるのか、期待に胸が高鳴ります。さらに特別出演として、演劇界をリードし続けるベテラン俳優の宝田明と中尾ミエが顔を揃え、メインキャスト陣は初演と同じ個性的な実力派キャストで上演します。また、アンサンブルキャスト、准アンサンブルキャストとして選ばれた富山市の出演者も踊り、歌い、演じます。

 どうぞお誘い合わせのうえ、是非、ご覧ください。

<日程>
2015年11月12日(木)~15日(日) 5回公演

<出演者>
プリンシパル:剣 幸、野田久美子、宝田明、中尾ミエ、秋山エリサ、高山光乗ほか
アンサンブル・准アンサンブルキャスト:富山県内外より26名出演予定
ワークショップ受講生による市民タップダンサー
演奏:ミュージカルオーケストラTOYAMA(富山の市民バンド)

<演出>
本間憲一 

<振付・演出協力>
ロジャー・カステヤーノ

<プロデューサ―>
奈木隆

<舞台技術監督>
毎熊文崇(財団職員)

<照明>
渡部良一(財団職員)

<音響>
曽根朗(財団職員)


今後、公演情報・チケット発売日等の詳細は、決定次第、ホームページでご案内いたします。


オーバードホール公式ホームページ
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。