logo

金澤翔子さん・書家としてデビュー10周年迎える歩みを紹介する初めての展覧会

大宮高島屋 2015年04月17日 19時20分
From Digital PR Platform


特別展「書家 金澤翔子」十年の筆跡 を開催 

■会期 :2015年4月29日(水・祝)~5月11日(月)
 ※ご入場時間:午前10時~午後7時(午後7時30分閉場)、最終日は午後5時30分(午後6時閉場)
■入場料:一般(高校生以上)税込500円、中学生以下無料 ※「障害者手帳」をご提出いただいたご本人様、ならびにご同伴者1名様無料
■会場 :大宮高島屋6階 催会場

金澤翔子はダウン症の天才書家として知られています。母泰子さんの献身的な努力を得て、2005年に20歳で書家としてデビューしました。
その後、建長寺、建仁寺、東大寺、中尊寺、厳島神社などをはじめ、全国各地で個展や奉納揮毫を開催。2012年にはNHK大河ドラマ「平清盛」のタイトル題字を手がけ、2013年に国体開会式に於いて巨大文字を揮毫するなど、その活躍の場を広げています。

2012年、毎年3月21日が「世界ダウン症の日」と国連で制定されました。ダウン症のある人たちとその家族、支援者への理解がより一層深まり、ダウン症のある人たちがその人らしく安心して暮らしていけるようにという願いが込められたものです。
2015年の「世界ダウン症の日」の前日、3月20日にアメリカ・ニューヨークの国際連合本部において開催された「世界ダウン症の日記念会議」では日本の代表としてスピーチを行い、同時にニューヨークで個展が開催されました。

本展は、その帰国展として全国を巡回するもので、2015年にデビュー10周年を迎える金澤翔子の書家としての歩みを紹介する初めての展覧会を大宮高島屋で開催いたします。 見る者の心を揺さぶる感動の書。迫力の大字屏風をはじめとし、表情豊かな小作品を交え、ニューヨーク展と本展のために書き下ろした新作14点を含めた約40点の作品により、過去から未来へと繋がる金澤翔子の書の歩みと世界を2部構成にてご覧いただけます。

■構成:第一部 金澤翔子の歩み
2015年に30歳となり、書家としてスタートした20歳の初個展からちょうど10年の年となります。
「書を始めた幼いころ」「初個展からの10年間の代表作」「名作が一堂に会し、書家としての活動」・・・と追って展示を行います。
10年間の様々な出来事や、二人三脚で歩んできた母・金澤泰子さんのコメントを交え、 その時々のエピソードと共に書家・金澤翔子の歩みを辿ります。
*出品予定点数(28点前後)
・10歳の頃、涙を流しながら書いた「十歳の般若心経」
・完璧な書、と言われる「飛翔」
・人のもつ仏心の大きさを説く言葉、「大哉心乎」(おおいなるかなしんや)は、心の字が大きく上がり下に空白がある一見アンバランスな作品だが、さる有名な僧侶は、この作品の空白に「仏」の文字が隠れていると仰られた、奇跡の作品

■構成:第二部  今そして未来ヘ
2015年3月にニューヨークで行われた個展の再現展示を中心に、本展の為に書き下ろした新作を交えて構成。
(*ニューヨーク個展出品作品「心に光を」「龍翔鳳舞」など)
加えて、ニューヨークにて個展と同時期に行われた、国連での「世界ダウン症の日記念会議」における代表スピーチの模様をご紹介します。
また、著名人を中心に今まで応援してくれた方々からのメッセージや写真を展示するコーナーを設けるなど、書家として更なる飛躍を見せる彼女の現在、そして、これからの歩みを体感して頂きます。*出品予定点数(屏風3点程度を中心に全14点前後)

■金澤翔子 プロフィール
1985年 6月12日 東京都目黒区に生まれる。5 歳で、母の師事で書を始める。
2005年 20歳の時、銀座書廊で初の個展開催。
2009年 鎌倉建長寺、京都建仁寺で個展開催(以後毎年開催)。
2011年 奈良東大寺で個展開催。福島に「金澤翔子美術館」開設。
2012年 NHK大河ドラマ「平清盛」揮毫。熊野大社で奉納の揮毫。
2013年 銀座に「銀座 金澤翔子美術館」を開設。平泉中尊寺で個展開催。厳島神社で奉納の揮毫。
東京 国体の開会式で揮毫。天皇の御製を揮毫。

【金澤翔子さん来店、イベント開催について】
■金澤翔子さんによる席上揮毫  
大筆を使い、心をこめて書に向かう様子をご覧いただけます。(無料)
4月29日(水・祝) 午後1時~ 大宮高島屋1階正面ホール

■金澤翔子さんサイン会(当日会場にて図録をお買上げの方、各回先着50名)
4月29日(水・祝) 午後2時と午後3時30分の2回 大宮高島屋6階 本展会場
5月4日(月・祝) 午後1時30分と午後3時の2回 大宮高島屋6階 本展会場
■母・金澤泰子さんによるギャラリートーク  
5月4日(月・祝) 午前11時~(約30分間)大宮高島屋6階 本展会場

※展覧会の入場チケットが必要です。
※イベントは都合により変更または、中止となる場合がございます。


【お問合せ】  (株)高島屋大宮店 048-643-1111(代表)









本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。