logo

NTTアド調査「『平成生まれ』の就職観」を実施、調査レポート『空気読本』vol.15を刊行

株式会社NTTアド 2015年04月17日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年4月17日

株式会社NTTアド


「平成生まれ」の若者たちは、「正社員こそリスク」と感じている!?
安定よりも自らのキャリアを切り開くため、
敢えて「非正規社員」を選ぶ若者が顕在化


 久々の売り手市場であるにもかかわらず、「新卒の切符」を捨てる若者が存在するようです。
(株)NTTアド(東京都品川区、代表取締役社長:長谷部敏治)は、「平成生まれ」の若者たちの就職に対する価値観を浮き彫りにするべく、インターネット調査を実施しました。その結果、安定を得ることよりも、自らのキャリアを切り開くため、敢えて「非正規社員」を選ぶ若者が顕在化しつつあることが分かりました。
 具体的には、以下の調査結果概要となっております。 
※現職への満足度に基づき、「非正規満足層」「非正規不満層」「正社員満足層」「正社員不満層」の4カテコ゛リーを集計軸としました。

■現職への満足度について
「非正規満足層」は、会社ではなく、現在の職種や仕事内容に満足している。
■年収について
非正規社員は年収「200万円未満」、正社員は年収「200万円~400万円未満」がボリュームゾーンであるが、必ずしも、「高所得者=満足層」「低所得者=不満層」とは限らない
■就職活動時のエントリー企業数について
就職活動していない人の割合は正社員よりも非正規社員の方が明らかに多く、中でも「就職活動をしていない非正規満足層」は、「正社員」に魅力すら感じておらず、雇用形態にとらわれず幅広い選択肢を持っている。
■現職の選択理由について
「非正規満足層」は、職務制限の少ない職場を志向し、ワーク・ライフ・バランスを重視している。一方、「正社員満足層」は、大企業志向・安定志向が強い。
■「満足層」の満足理由について
「非正規満足層」は、仕事以外の時間を充実させたいであるとか、会社組織に縛られたくないといった意識が強く、仕事の満足度を判断する上で職務制限の無さが重要なファクターになっている。
■現在抱えている不安について
非正規社員は、収入面、社会保障制度に対する不安が大きい。「正社員」は、「非正規社員」よりも満足層、不満層の意識格差が大きい。
■「非正規社員」の仕事に対する価値観について
「非正規満足層」は、「非正規社員」であることに後ろめたさを感じておらず、現状をポジティブに捉えている。
■勝ち組・負け組の自己判断について
「正社員不満層」は、約半数が「負け組」と感じており、安定を得たことによる負の代償が大きいと捉えている。

 今回の調査結果から、若者たちの間で働き方を巡る旧来型の常識が覆りつつあることが分かりました。つまり、「正社員」という安定を得る代わりに、長時間労働や単身赴任など、あらゆる制限を甘んじて受けてきた50代、60代の大人たちと、今の若者たちとでは見てきた光景や目指しているビジョンが全く異なるということです。今回の調査で浮き彫りとなった「敢えて非正規社員を選ぶ若者たち」とは、見方を変えれば、雇用形態や肩書きにとらわれず、自らのやりたいことを追求する主体的な若者たちであり、型破りな発想の持ち主のようです。これからの企業にとって、いかに彼らに活躍する場を与えることができるかが利益につながると考えられます。

 本調査結果について弊社ならではの視点で考察した調査レポートを「空気読本vol.15~『新卒』を捨てる若者たち/ワガミチ化する『平成生まれ』の就職観」として、 下記公式サイトで無料公開しておりますので是非ご覧ください。

リンク

【問合せ先】(株)NTTアド 東京都品川区上大崎3-1-1JR東急目黒ビル4F
コミュニケーションデザイン局 小林・花岡 TEL 03-5745-7623




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。