logo

日立システムズと産業医科大学ヘルスマネジメントシステム、YOSSの三社がレセプト分析の分野で協業

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、産業医科大学 ヘルスマネジメントシステム有限責任事業組合(産業医科大学衛生学教室内、所在地:福岡県北九州市)、株式会社YOSS(代表取締役 取締役社長:杉田 静彦、本社:北海道札幌市/以下、YOSS(ユース))は、健康保険組合や企業に対し、レセプト(診療報酬明細書)データや健診データを中心とした分析サービスや、コンサルティングサービスを開発・提供するため、同分野において協業を開始しました。

高齢化社会の進展、生活習慣病の増加、医療費の増大など、医療・健康分野を取り巻く環境は大きく変化しており、健康維持・管理は社会的な課題となっています。こうした社会の変化の中、人々がより豊かな生活を送るためには、病気の予防や健康増進を目的とした取り組みが不可欠です。とりわけ、生活習慣病の予防や健康増進は、個人の意識改革による改善効果が大きいと言われています。
2015年度からは、国が推進するデータヘルス政策により、健康保険組合に対して、厚生労働省へデータヘルス計画を毎年提出することや組合員に向けて意識改革を促すための健康増進施策の実施が義務付けられました。そのため、健康保険組合では膨大なレセプトデータや健診データの処理と的確な分析、改善策の立案およびそれを継続するため、加入企業と連携した体制整備が急務となっています。さらには、2015年12月から企業による従業員に対するストレスチェックも義務化されるなど、国民の健康に対する国の施策も活発になってきています。

こうした背景から健康保険組合に対し、レセプトデータの分析や加工を支援するサービス、健康増進施策の最適なPDCAサイクルを支援するサービス、人材育成サービスなどの提供を目的として、レセプトデータ分析など労働者の健康増進を図る産業保健の領域において独自の専門知見を有する産業医科大学 ヘルスマネジメントシステム有限責任事業組合と、レセプトデータの加工技術を持つYOSS、ITを活用したシステム構築やクラウド基盤の提供を担う日立システムズが協業しました。これにより、データヘルスの推進や課題解決の支援を通じて、個人の健康増進を図り、真に豊かな社会の実現に貢献することをめざします。

具体的なサービスについては、2015年6月頃を目安に随時公開してまいります。

詳細はこちらからリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。