logo

フォード・ジャパン、日向涼子氏の 「エタップ・デュ・ツール」参加をサポート

フォード・ジャパン・リミテッド 2015年04月17日 08時00分
From Digital PR Platform


フォード・ジャパン・リミテッド(本社: 東京都港区虎ノ門4-3-13、代表取締役社長:森田 俊生)は、7月19日に開かれる世界的なサイクリングイベント「エタップ・デュ・ツール」への参加を決めたモデルの日向涼子(ひなたりょうこ)氏の挑戦をサポートする。

日向涼子氏は、モデルとして活躍しながら、これまでに国内外のヒルクライム大会やロードレース、サイクリングイベントに多数出場し、優勝・入賞も果たしている本格派サイクリストであり、自転車専門誌などでも連載の記事を執筆するなど、幅広いファンから親しまれている。

フォード・ジャパンでは、優れた走行性能と共に、高い機能性と安全性を持つフォード車を日向涼子氏に貸与し、過酷な大会として知られるエタップ・デュ・ツールへの挑戦をサポートしていく。


■エタップ・デュ・ツールとは
世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」の一部コース(ステージ)を使って行われるサイクリングイベント。毎年、アルプスやピレネーの山岳を舞台とする厳しいコースで行われ、約9,000人の参加枠は募集開始からすぐに満員になってしまうほどの人気を誇る。2015年のエタップは、ツール・ド・フランス第19ステージと同じルートで開かれ、4つの山岳が待ち受けるコースは獲得標高が4,000mをはるかに超える。


【日向涼子(ひなたりょうこ)氏のプロフィール】
企業広告を中心にモデルとして活動。2010年よりロードバイクに親しみ、ヒルクライム大会やロードレースに多数出場。各種サイクリングイベントにゲストライダーとして参加する機会も多い。また食への関心が高く、アスリートフードマイスター・食生活アドバイザー・フードアナリストの資格を持つ。新潟県出身。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。