logo

オリックス×大京穴吹不動産 都心第一種低層住居専用地域の大規模マンション「御殿山ハウス」 分譲へのリノベーション事業を企画し販売を開始

株式会社大京 2015年04月15日 15時00分
From Digital PR Platform


 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上亮、以下「オリックス」)と株式会社大京のグループ会社で不動産流通事業を営む株式会社大京穴吹不動産※(本社:東京都渋谷区、社長:海瀬和彦、以下「大京穴吹不動産」)は、再開発が進み新しい日本の顔へと変貌する品川エリアにおいて、賃貸マンション「御殿山ハウス」を分譲マンションにリノベーションする事業を共同で企画し、その販売を4月25日(土)から開始いたしますのでお知らせします。

※(株)大京の連結子会社である(株)大京リアルドと(株)穴吹不動産センターは、2015年4月1日に合併し、商号を株式会社大京穴吹不動産に変更しました。

■「御殿山ハウス」分譲の経緯
 「御殿山ハウス」は、2005年の竣工後不動産投資ファンドが1棟取得して賃貸不動産として運用されていました。本事業は、国内複数の投資家が出資する御殿山ハウス合同会社(売主)より「御殿山ハウス」を区分所有化し分譲する事業の委託を受け、オリックスと大京穴吹不動産が共同で事業企画し、その提携販売(代理)の1社として大京穴吹不動産が販売するものです。
 都心の大規模賃貸物件をリノベーションして分譲する事業は両社にとって初めてとなる取り組みですが、今後もグループ企業のリソースとリレーションを活用しつつ連携強化を図り、新たな事業を積極的に展開していきたいと考えております。

■「御殿山ハウス」の特徴
 「御殿山ハウス」は、発展著しい品川エリアにおいて、「品川」駅徒歩圏ながら、周囲と一線を画す、落ち着いた住環境である高台の邸宅地「御殿山」に立地し、都心の利便性とプライベート感を享受できるゆとりある住空間を形成しています。この都心第一種低層住居専用地域にある「御殿山ハウス」の希有な価値を最大限に活用したリノベーションマンションの分譲を行います。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。