logo

~Hotels.com ゴールデンウィーク旅行に関するアンケート調査第1弾~ゴールデンウィーク最大8連休も、国内旅行が86.5%

Hotels.com 2015年04月15日 11時00分
From PR TIMES

北陸への旅行者は国内旅行者の昨年の約2倍に増加!



オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)は、首都圏※1在住でゴールデンウィークに旅行を予定している20代~60代の 男女1,030人を対象にアンケート調査を実施しました。
今回の調査では、ゴールデンウィークの旅行予定者に対して、日程や予算をはじめ、旅行先などについて国内・海外旅行を問わずアンケートしています。

その結果、今年のゴールデンウィークは最大で8連休の取得が可能であるも、海外情勢への不安や円安進行などの影響も重なり、約9割(88.7%)が国内旅行を予定していることが判明しました。
また、3月14日に北陸新幹線が開業し、この春最も注目される観光スポットとなった北陸3県への旅行者は国内旅行者全体の7.1%という結果ながらも、同アンケートで調査した「昨年の行先」と比較したところ約2倍(86.8%増)に増加していることも判明しました。
※1 東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県

~「家族旅行に関するアンケート」結果~
■ 86.5%がゴールデンウィークの旅行は国内と回答
最大で8連休の取得が可能な日程でありながらも、頻発している外国での事故や事件に加え、円安の進行など、海外旅行に対しての懸念材料が多く、海外旅行を予定している人は調査全体の13.5%に留まり、国内旅行が86.5%と大多数を占める結果となっています。
一方、海外旅行を予定している人の人気旅行先はハワイ(11.5%)が最も多く、次いで台湾(9.4%)、韓国・タイ・アメリカ本土(各8.6%)という結果になりました。
※( )は海外旅行全体における割合

■ 北陸新幹線の開業も北陸3県への旅行予定者は国内旅行者全体の約7%と昨年の約2倍に増加
国内旅行を予定している人のうち、北陸新幹線の開業により、この春最も注目される観光スポットとなった北陸3県への旅行者は全体の7.1%と、国内のランキングとしては第4位に留まったものの、同アンケートにて調査した「昨年の行先」と比較したところ、約2倍(86.8%増)に増加したことが判明しました。
しかし、「ゴールデンウィークの旅行先候補なりましたか?」という質問に対して、67.0%が「候補に挙がらなかった」と回答。その理由として「混雑している(いそう)」という懸念が大多数を占める中、「子供と一緒に行っても遊ぶ場所がなさそう」などの回答もあり、子供連れ旅行者には「大人の観光スポット」のイメージがあることも判明しました。

■ 旅行日程は2泊3日(35.2%)と 1泊2日(33.3%)がいずれも3割超
旅行日程の調査では、2泊3日が最も多く35.2%となり、次いで1泊2日が33.3%と、ゴールデンウィーク後半の5連休を軸とした1泊または2泊での旅行が主流となっています。
また、海外旅行ではハワイへは6泊7日(31.3%)が最も多く、台湾へは3泊4日(30.8%)、韓国へは2泊3日(33.3%)という結果になりました。
※( )は各国ごとの滞在日数における割合

今回の調査結果についてHotels.com日本マーケティングマネージャーの生駒千絵は、「ゴールデンウィークの旅行は高額であるというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、Hotels.comでは国内外の様々なタイプ宿泊施設をお得な料金でご用意しています。また北陸への旅行も、連休の前半は予約いただけるホテルもご用意しています。これからゴールデンウィークの予定を立てられるという方もHotels.comのサイトをご覧いただき、楽しい旅行を計画してほしいですね。」と述べています。

ホテルズドットコムでは、今回の調査を参考に、ニーズを的確に把握し、ご利用のお客様によりご満足いただけるよう、宿泊先選びのお手伝いをしてまいります。


■Hotels.comについて
Hotels.com (リンク) は、国際的ホテルチェーンからオールインクルーシブリゾート、B&Bまで、世界の約435,000軒の施設予約と情報提供を行う世界最大手のオンライン宿泊予約サイトでHotels.com, L.P.が運営しています。業界最多の宿泊施設を提供するサイトのひとつでもあり、顧客へのセール、お得情報やプロモーションの提供を行っています。そして、ニュースレターによる割引特典や事前セール情報などの最新情報も提供しています。また実際に宿泊されたお客様によるユーザーレビュー1,400万件の情報を参考に予約の検討ができます。さらに、10泊すると1泊無料となる特典プログラム「Welcome Rewards」は世界100,000軒以上から選ぶことができます。価格保証プログラムを採用しており、別サイトでより安い料金が提示されている場合、その差額を払い戻します。日本語版サイト、または日本語によるカスタマーサービスセンターを通じてホテルを予約も可能です。モバイルおよびタブレット用アプリはリンク より ダウンロードでき、外出先からも20,000軒の直前割引情報を確認することができます。Hotels.comのFacebookは、facebook.com/Hotels.comJapan、そしてTwitterは@Hotels_com_JPです。Hotels.com L.P.はオンライン旅行会社の世界最大手の一つであるExpedia Inc. (NASDAQ:EXPE)の子会社です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。