logo

ウィーン:2014年度は史上2番目のコングレス開催数

ウィーン市観光局 2015年04月15日 11時05分
From 共同通信PRワイヤー

ウィーン:2014年度は史上2番目のコングレス開催数

AsiaNet 60166

ウィーン:2014年度は史上2番目のコングレス開催数

ウィーンにおける2014年のコングレス統計は史上2番目を記録しました。史上最高記録を示した2012年には達しませんでしたが、2013年度の会議開催数や宿泊数、経済効果を大きく上回りました。

ウィーン市観光局のノルベルト・ケットナー局長は次のように語っています。「コングレスの都ウィーンは2014年度、すべての分野で前年度の数字を大きく上回っています。コングレス数と企業イベントは6%増の3,582件で、これまでの最高記録です。総宿泊数も同じく6%増の149万695泊でしたが、史上最高記録だった2012年には及びませんでした。ウィーンにおける会議・イベント産業が全国規模で生み出す経済効果は前年度比8%増の8億9890万ユーロで、2012年度に次ぐ高い数値を示し、オーストリアの国民総生産に大きく寄与しています」。2014年度ウィーンにおける総宿泊数は約1350万泊。コングレス関係の宿泊数は、その11%を占めています。またオーストリア全国における年間にわたる1万7000の職場を保障しています。

国際会議協会(ICCA)の最新の統計でも、ウィーンは過去数年間にわたって常に、デスティネーショントップ3に入っています。ケットナー局長:「コングレス都市ウィーンの成功には多くの要素があります。会議は、ウィーン市の機関や学術施設によって最高のサポートを受け、すでに36のライセンスを有するグリーンミーティング施設が、環境保護におけるウィーンの先進性を示しています。中欧における中心地としての重要性も高まり、ウィーンにとって貴重なアセットとなっています」。更に、最高レベルの新たなホテルも次々とオープン、ウィーン中央駅周辺の斬新な地域開発も、持続的なインパルスとなっています。現在ウィーンは6万4000ベッドをもち、世界中170都市と空路直行便で結ばれています。観光プロジェクト「ウィーン2020」ではさらに20の大都市との直行便就航を目指しています。ウィーンでのコングレス参加者の72%が航空便を利用しています。


お問合せ先:
Vienna Tourist Board
ウィーン市観光局
Isabella Rauter
担当:イザベラ・ラウター
Tel. +43 /1/21114-301
E-Mail: media.rel@vienna.info
リンク


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。