logo

「宅建取引士」誕生の今年、不動産流通実務検定“スコア” 誕生!    

公益財団法人不動産流通近代化センター 2015年04月13日 17時39分
From PR TIMES

不動産流通実務の総合力を測る新指標が誕生しました!

「不動産流通実務検定“スコア”」はオンライン検定。検定終了後すぐに点数がわかり、科目別の正答率も表示。
自分の強みや弱みが把握でき、今後の目標設定が明確にできることが最大のメリット!
不動産流通業界人の力量アップを目指す、公益財団法人 不動産流通近代化センターが提供。
第1回、検定受付は5月1日より開始。



[画像1: リンク ]



“スコア” オープニングイベント開催!  先着350名様 無料ご招待!!

開催日 :2015年4月23日(木)15時~17時
開催場所:泉ガーデンギャラリー(六本木一丁目)
●参加お申込みはこちら ⇒ リンク

【特別講演のご案内】
[画像2: リンク ]



〇竹村 公太郎 氏(元・国土交通省河川局長)

「歴史は地形が教えてくれる」
著書「日本史の謎は『地形』で解ける」は累計30万部のベストセラー。
江戸時代、関東平野はどのような場所だったのかお話いただきます。
不動産業界人&歴史好きの方にはゼッタイおすすめ!


〇原 晋 氏 (青山学院大学陸上競技部監督)

[画像3: リンク ]



「やる気を上げる、わくわく大作戦!」
サラリーマン時代に「伝説の営業マン」と呼ばれた原監督。
箱根駅伝で青山学院大学を優勝に導いた、
原流、ヒューマン成長戦略をお話いただきます。
人材育成・継続学習のヒントが盛りだくさん!


“スコア” の受検受付は5月1日スタート!

受検申込み期間: 5月 1日(金)~5月31日(日)
受検期間 : 6月10日(水)~6月14日(日)
受検料 : 3,000円(税込み)
●“スコア”ご案内はこちら ⇒ リンク

4月1日に宅建取引主任者は「宅地建物取引士」に改称され、不動産流通業界には、今まで以上に人材のレベルアップが求められています。
そこで不動産流通近代化センターでは、不動産流通実務の総合力を測る新指標「不動産流通実務検定“スコア”」をスタート。英検、TOEICのように、実力を知り、ハイスコアを目指して自己学習を続ける方の継続学習ツールとして、また企業のキャリア制度や採用時の客観的な判断ツールとして、不動産業界への定着を図っていきます。

【出題範囲】
●メイン:重要事項説明・取引の安全確保
[画像4: リンク ]

●準メイン:価格査定・建築・不動産に関する税金・借地借家・相続
●周辺科目:競売・不動産の信託・不動産の証券化・海外不動産など

基礎から専門的なものまで幅広く出題。
問題は、机上の知識ではなく、より実務に沿った内容となるようにこだわって作成。



【科目別正答率の表示と全100問の解説】
PC・タブレットをもちい、150分で100問をノンストップで解答します。
[画像5: リンク ]

結果は1000点満点で測定し、受検終了後直ちに画面にスコアと科目別の正答率を表示。ご自身の強み、弱みがわかり、今後の学習方針が明確に立てられます。
受検期間終了後、受検者には全100問の解説を公開。しっかり復習していただくことができます。


◆不動産流通実務検定“スコア”をわかりやすく3分にまとめた動画は「公益財団法人 不動産流通近代化センター」 ホームページのトップページからご覧いただけます。
⇒ リンク → You Tubeにて動画公開中

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。