logo

名創優品「メイソウ」アイライナーが世界で10億元を超える売り上げを達成

MINISO 名創優品「メイソウ」 2015年04月13日 15時40分
From 共同通信PRワイヤー

名創優品「メイソウ」アイライナーが世界で10億元を超える売り上げを達成

AsiaNet 60110(0476)

【東京2015年4月13日PRN=共同通信JBN】名創優品「メイソウ」(株式会社名創優品産業)の最新の販売データによれば「クレオパトラ以来最高のコストパフォーマンス」を誇る繊細でコンパクトなアイライナーが世界中で「名創優品メイソウ・アイライナー」ブームを引き起こした。この商品は当初「セレブ御用達」として名創優品「メイソウ」が製造・販売したもので、発売開始から全世界での売り上げが10億元を上回るという驚くべき業績を示している。「日本のファストファッション・デザイナーブランド」に格上げされたこの日本ブランドは中国市場を席巻、その販売手法も話題となった。

おそらくみなさんが抱いた疑問は「こんな小さなアイライナーが、どうすればこんな低価格で10億元もの売り上げをだすことができるのか」ということではないだろうか。同ブランド創業者で首席統括デザイナーでもある三宅順也氏は「10元(約194円)のアイライナーというのは確かに安いが、名創優品「メイソウ」は低価格でも高品質である。当社は価格の安さを武器にネット通販市場と競争しようとする唯一の会社だと言われるが、当社の品質は世界的に著名なブランドと比べても遜色ない」と述べた。同社のアイライナーはフランスのランコムやシャネル、さらに世界的に知られた、メイベリンなどのトップブランドと同じメーカーによって作られている。同アイライナーは最先端技術と良質な美容成分を採用している。また、時代に歩調を合わせたデザインと品質を持つ10元製品を作り出し、ファッションとも密接につながっている。他社ブランドから250元で販売されているアイライナーと同じメーカーが製造し、品質も変わらない製品をわずか10元で販売している。このような価格の違いによって、消費者は名創優品「メイソウ」アイライナーを「親しみがもてるパートナー」とみなすようになった。

このアイライナーは、0.01ミリの極細の筆先で幅0.05ミリのアイラインを引いた場合、100メートルの長さまで使い続けてもアイライナーの色は変わらず、肌を傷めることもない。このような驚くべき数字を達成した舞台裏では、名創優品「メイソウ」が消費者の傾向を把握し、安全で、信頼性が高く、しかも安価なセレブアイテムを創り出すため、100社を超える世界的なメーカーの中から厳選し製造するなど、世界中で大規模におこなった商品開発活動がある。

担当責任者が「アイライナーは名創優品メイソウのセレブアイテム・ラインの始まりにすぎない。当社の目標は、このカテゴリーの革新を継続的に推し進めて、当社の製品ラインアップをさらに向上させ、消費者に本当のセレブアイテムを数多く提供することだ」と述べている。同社の目標は消費者に高品質、低価格の製品を提供し、名創優品「メイソウ」アイライナーが今後も多くの消費者から愛され、支持されることである。同社は販売金額10億元という優れた業績を上げた。

ソース:MINISO 名創優品「メイソウ」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。