logo

アルカテル・ルーセント エンタープライズ、OpenTouchを強化、統合コミュニケーションの採用拡大と生産性向上

JCN 2015年04月13日 14時00分
From JCN Newswire


CeBit/Germany, Enterprise Connect/Orlando, Apr 13, 2015 - ( JCN Newswire ) - アルカテル・ルーセント エンタープライズは本日、OpenTouchスイートを強化し、より広範囲の企業における統合コミュニケーションの採用を支援することを発表しました。アルカテル・ルーセントOpenTouchスイート2.1には、新しい視覚・モバイルコミュニケーション機能が追加されました。これらの機能により、企業では職場における生産性を向上させ、全デバイスに対して単一のクライアント インターフェイスでパーソナライズされた「connected experience(つながる体験)」を提供します。今回の発表では、既存のコミュニケーションシステムからのスムーズな移行もサポートします。

世界が「スーパーモビリティ」と呼ばれる、モバイル端末による音声、ビデオ、コンテンツのコラボレーションの時代に突入する中、企業では従業員に対して、世界中どこからでも外出先で生産性を高められるツールと技術を用意する必要があります。

アルカテル・ルーセントOpenTouchスイート2.1は、デスクで、また外出先での視覚コラボレーション機能のユーザーインターフェイスをより簡素化し、リアルタイムの会話機能を強化しています。アルカテル・ルーセント エンタープライズの統合コミュニケーション体験は、複雑性を削減する点において評価されており、デスクで、また外出先において、よりシンプルで直感的なインターフェイスを提供します。また、業界をリードするエンタープライズ・テレフォニー・サービスとインスタント・メッセージ、HDビデオ、ウェブカンファレンス機能を統合し、単一のアプリケーションにて実現します。

OpenTouchスイート2.1の発表により、OpenTouch会話コラボレーションツールのインターフェイスは以下において利用可能となります。

- 最新の Android タブレットおよびスマートフォン上で、モバイルワーカーや現場の専門家は、OpenTouch会話の視覚コラボレーション機能を用いて、数回タップするだけで、バックオフィスの専門家と簡単にコンテンツを共有可能

- 優れたデザインと先進的なコール・スクリーニング機能を備える、新しい スマートデスクフォン「8088」 上で、経営幹部および全従業員はビデオカンファレンス・エンドポイントを用いて、ワンタップのHDビデオエスカレーションを利用可能。HDMIモニタとの組み合わせで、UCシステムと完全に統合され、カンファレンス専用のクライアントの必要性を最小限に抑制

- デスクフォン「8068」上では、外出頻度が高く、デスクにおける快適な音声体験を必要とする従業員向けに、優れた音声体験、外部キーボード経由での統合ディレクトリへの超高速なアクセス、およびスマートフォンと統合されたルーティングを提供

- よりシンプルなインターフェイスからOpenTouchミーティングに参加するために、インスタント・メッセージやワンタップのアクセスを利用する、既存のアルカテル・ルーセントOmniPCX エンタープライズ顧客が使用するiPhoneおよびAndroidスマートフォン上で利用可能。またOmniPCX エンタープライズ利用者で、デスクフォンとNFC対応スマートフォン間での非接触のセッションからの容易なオンサイト・モビリティの恩恵を受けたい利用者。

OpenTouchスイート2.1機能

- 企業は自社運用またはOpenTouchエンタープライズクラウドを活用した「As a Service」モデルを選択可能
-- OpenTouch エンタープライズクラウドにより、企業では シンプルなライセンス形式の「UC as a Service(UCaaS)」の選択が容易で、管理およびAPIサービスを網羅する100% OPEXモデルを提供
-- OpenTouchエンタープライズクラウドでは、IaaSの認定を受けたフレームワークを提供し、ビジネスパートナーの使用可能性を向上
- 集中運用により、運用コストを削減、また現在VMWareと KVM をサポートするPassive Communicationサーバーによる支店でのサービス継続性を確保
- 多数のコスト効率の良いデスクフォンを必要とする組織では、運用コストの低い100% IP コミュニケーションネットワークを利用可能。デスクフォン「8001」を導入することで、ビジネスグレードのSIPコミュニケーションと集中管理を手頃な価格で提供
- 企業では外出先におけるUCを、運用のためのリソースをそれほど必要とせず、より多くの従業員向けに提供可能。全てのOpenTouch会話ソフトウェア・クライアントは、従来のVPN技術よりも拡張性が高いリバースプロキシ経由で、VPNが不要なアクセスを提供

引用
アルカテル・ルーセント エンタープライズのコミュニケーション・ソリューション事業部門で副社長およびゼネラルマネージャを務めるEric Penissonは、次のように述べています。
「当社のOpenTouchソリューションは、シンプルでなおかつ最先端の技術を提供することにおいて評価されてきました。最新のOpenTouchも例外ではなく、Androidタブレットおよびスマートフォン上でエンタプライズレベルのモビリティアプリケーションが利用でき、パーソナライズされたつながる体験を生み出すために、デスク上で直感的な視覚コラボレーションを提供します。この柔軟なアーキテクチャ・オプションはプライベートもしくはプライベート・クラウド展開モデルをお探しの企業に最適で、統合コミュニケーションのより容易な採用を実現します。」

アルカテル・ルーセント エンタープライズについて

フランスのパリ近郊に本社を構えるアルカテル・ルーセント エンタープライズは全世界で2700人の従業員を擁し、あらゆる規模の会社に向けた通信、ネットワーキング、クラウドソリューションのリーダーで、全世界の500,000以上の顧客にサービスを提供しています。当社のコスト効率の高いソリューションは、オフィスからクラウドまで、Application Fluent Network(アプリケーションを円滑に実行するネットワーク)がサポートするあらゆるデバイス間でのマルチメディアでの会話を可能にすることで、企業が新たな用途やモデルを取り入れるのを助けます。

実績ある技術と経験という歴史を持つアルカテル・ルーセント エンタープライズは、技術のエキスパート、サービスの専門家、パートナーのエコシステムを活用して、様々な市場セグメントや業界の要件に対処できるカスタムメイドの提案により、中小企業から国際的な会社まで、固有のニーズに応えます。リンク

アルカテル・ルーセント エンタープライズ報道関係者用連絡先
Chua Wei Wei
weiwei.chua@ogilvy.com
T: +65 6213 7846

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。