logo

アルカテル・ルーセント エンタープライズ、OmniSwitch 6450/6250を発表

JCN 2015年04月13日 14時00分
From JCN Newswire


CeBit/Germany, Enterprise Connect/Orlando, Apr 13, 2015 - ( JCN Newswire ) - 最新のアルカテル・ルーセント・オペレーティング・ソフトウェア(AOS)は、全アクセススイッチ製品でBYODおよびSDN機能を拡大し、アルカテル・ルーセントエンタープライズの統合アクセスサービスを完結させるものです。アルカテル・ルーセントエンタープライズのOmniSwitch 6450/6250アクセススイッチ製品に追加された新機能は、中小規模および予算に限りのある中規模から大規模企業向けに提供されます。

アルカテル・ルーセントエンタープライズの統合アクセスは、ネットワークの抱える課題、管理の複雑性に取り組み、一貫したユーザー体験を提供する、初のコンバージド有線・無線ソリューションです。本製品により、従業員や顧客はエンタープライズ・ネットワーク上で法人・個人用、有線・無線デバイスの利用が可能です。また、これらの機能はIT運用を簡素化し、セキュリティを向上させ、投資保護を実現します。

従来、これらの機能はハイエンドのOmniSwitch 6860製品群のみで提供されていましたが、今回、OmniSwitch 6450(OS6450)ギガビットアクセス製品群およびOmniSwitch 6250(OS6250)高速イーサネット・アクセス製品群においても提供開始します。

以下の新機能がOS6450/OS6250製品群でサポートされています。

- エンドユーザーおよびIT管理者はApple(R) デバイスのセルフ登録が可能になります。例えば、高等教育の現場において、学生寮にいる生徒はIT部門が関わることなく、プリンタ、Apple TV、その他のコンシューマデバイスにプラグイン、登録し、生徒全員ではなく一部の友人のみに使用許可するようアクセス制限を設定することができます。
- 現在OS6450/OS6250がサポートする、BYOD採用を容易にするネットワークサービスは以下のとおりです。
-- 管理機能の拡充により、ITの負担を削減(デバイス コンフィギュレーションやゲスト登録など、BYODサービス向けの操作を自動化)
-- 新セキュリティ機能(802.1xの自動コンフィギュレーションやセキュリティ認定など)により、LANのセキュリティ水準をワイヤレスと同等のレベルまで高めます。ノートパソコン、タブレット、プリンタ、カメラなどのデバイスは自動的に登録され、IT部門にマニュアル業務などの負担を強いることなく、ネットワークのセキュリティレベルを維持します。
-- デバイスのヘルス・チェックをネットワークに接続された任意のデバイス上で実施でき、個人・法人デバイス両方のセキュリティを向上します。
- OpenFlow 1.3に対応することにより、アルカテル・ルーセントエンタープライズのアクセス・スイッチ全製品についてSDNエコシステムへの統合が可能な柔軟性を提供します。

既存の顧客は、シンプルなソフトウェア更新を行うことで、これらの新機能をOS6450/OS6250上で利用可能です。これはアルカテル・ルーセントエンタープライズ顧客に対して投資保護をさらに強調するものです。

OmniSwitch 6450、新たな市場を開拓 - サービスプロバイダ

キャンパスにおけるソリューションとしての成功にととまらず、OS6450製品群はサービスプロバイダ市場へまで拡大しています。新しい2モデル「OS6450-P10S」「OS6450-U24S」が追加されました。

これらのモデルは運用を簡素化し、モバイルサービスプロバイダ向けにTCOを削減します。IEEE 1588v2 やHigh Power PoE(最大 75W)といった独自の機能により、スモール セル モバイル バックホール ネットワークにおいて際立った存在となっています。IEEE 1588v2は、LTE 技術が導入されている場合、スモール セル向けに正確な時間同期化を提供するうえで必須となります。OS6450-P10Sには、1ポートあたり75W まで供給可能なHigh Power PoEポートを搭載しています。これは次世代マルチスタンダードのスモール セルの電源供給に必要不可欠で、監視カメラ、ナースコールシステム、小売のPOSデバイスなどのデバイスの電源供給に使用できるほか、アクセス制御システムや30W以上を必要とする任意のデバイスを管理します。

さらにOS6250/OS6450製品群は、キャリア・イーサネット(CE) 2.0メトロ・イーサネット・フォーラムの認定を受けており、居住者および企業顧客の両方に、サービスプロバイダによるマネージド・イーサネット・サービスで用いられる、特殊機能や幅広い製品群を提供します。OS6250/OS6450製品群は世界中の数多くのマネージド・イーサネット・サービスで展開されており、今回の新たな認定により、サービスプロバイダは製品群の標準規格に基づいた相互運用性および管理性においてさらなる確信を持つことができます。

業界における知識

業界アナリスト企業Current Analysisは、主にOmniSwitch 6450/6250などで構成されるOmniSwitch製品群について、先に発行された報告書で、その革新的な機能を「非常に強い」と評価し、業界において同点首位のポジションと位置付けました。

詳細情報
OmniSwitch 6450 製品群 リンク
一貫した体験を実現する統合アクセス リンク
統合アクセス ROI計算 リンク
画像説明: モビリティ - どこでも、いつでも接続を実現 リンク

アルカテル・ルーセント エンタープライズについて

フランスのパリ近郊に本社を構えるアルカテル・ルーセント エンタープライズは全世界で2700人の従業員を擁し、あらゆる規模の会社に向けた通信、ネットワーキング、クラウドソリューションのリーダーで、全世界の500,000以上の顧客にサービスを提供しています。当社のコスト効率の高いソリューションは、オフィスからクラウドまで、Application Fluent Network(アプリケーションを円滑に実行するネットワーク)がサポートするあらゆるデバイス間でのマルチメディアでの会話を可能にすることで、企業が新たな用途やモデルを取り入れるのを助けます。

実績ある技術と経験という歴史を持つアルカテル・ルーセント エンタープライズは、技術のエキスパート、サービスの専門家、パートナーのエコシステムを活用して、様々な市場セグメントや業界の要件に対処できるカスタムメイドの提案により、中小企業から国際的な会社まで、固有のニーズに応えます。リンク

アルカテル・ルーセント エンタープライズ報道関係者用連絡先
Chua Wei Wei
weiwei.chua@ogilvy.com
T: +65 6213 7846

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。