logo

【パナソニック ビジネス ショウルーム】インドネシアの市場ニーズに応えたソリューションを展示

パナソニック 2015年04月10日 18時10分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



パナソニック株式会社は2015年4月2日、インドネシアのジャカルタに「パナソニック ビジネス ショウルーム ジャカルタ」をオープンしました。230平米の本ショウルームは、パナソニック・ゴーベル インドネシアの敷地内にあり、セキュリティ、オフィス、店舗、エネルギー、エアコンシステムの、5つのソリューションの体験コーナーで構成されています。インドネシア国内では初となる、パナソニックのビジネス向け(BtoB)ソリューションを網羅した施設となります。

▼[動画]インドネシアの市場ニーズに応えたソリューションを展示
※日本語字幕をONにしてご覧ください。
リンク
[動画: リンク ]



今後、BtoB分野での提案力をさらに強化していくため、インドネシアのパナソニックグループは、2015年度、ビジネス向けのプロジェクトやパートナーシップ業務に携わる従業員数を2倍にすることを目標としています。

ショウルームのオープンに伴い、パナソニック・ゴーベル インドネシア アソシエート ダイレクターのHeru Santosoは次のように述べました。「本ショウルーム開設により、今後我々が注力していく市場の一層の可視化を目指します。2014年、私たちはパナソニックの革新的な技術とソリューションをご紹介すべく、『パナソニック ソリューションフォーラム』を開催しました。そして本日、パナソニックの製品とソリューションを一堂に集めたBtoBショウルームをオープンしました。これによりパナソニックをさらに身近に感じていただく一歩を踏み出せたと考えています。BtoB分野において、私たちは、地元のビジネスパートナーの方たちを総合ソリューションプロバイダーと考え、特に土地開発、政府、商業、観光業の方々と重点的に協業させていただくことを推進してまいりたいと思っています」。

本ショウルームでは、主に以下のような製品、ソリューション、グローバルプロジェクトをご紹介しています。
1. スマートシティ事業:Fujisawaサスティナブル・スマートタウン
2. 監視・防犯システム
3. HD映像コミュニケーションシステム
4. 店舗ソリューション
5. エアコン ラインナップ

▼写真を見る:
リンク

インドネシアのパナソニックグループは、2015年度、BtoB事業のうちシステムソリューションとエコソリューションの2つの重点分野において、前年比140%の成長を目指しています。同社は、消費者向け(BtoC)商品市場におけるリードを維持しつつ、BtoB事業における地位確立に取り組んでいきます。

また、パナソニックは2015年4月から、新たなブランド戦略を展開しています。新ブランド体系にのっとり、上記で述べた5つのBtoB事業分野には「Panasonic BUSINESS」ブランドを採用。今回のショウルームでは、アジア・大洋州地域で初めて「Panasonic BUSINESS」を使用することとなります。この新ブランド採用により、すでに確立している消費者向け商品のブランドイメージに加えて、BtoB分野における同社のイメージも強化していきます。

【パナソニック ビジネス ショウルーム ジャカルタ】
所在地:JL. Dewi Sartika No. 14, Cawang, Jakarta, 13630, Indonesia
開館時間:月曜日~金曜日 9:00 ~17:00
電話:+62-21-801-5710
※ご来館の際は、2営業日前にご予約ください。

<関連情報>
・パナソニック・ゴーベル インドネシア(インドネシア語)
リンク
・パナソニック アジアパシフィック
リンク
・Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)
リンク
・パナソニック 監視・防犯システム
リンク
・パナソニック ビジネスソリューション
リンク
・パナソニックのソリューション
リンク
・インドネシアでBtoBソリューションを紹介。~パナソニック ソリューションフォーラム~(2014年10月31日)
リンク
・パナソニック 法人のお客様
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。