logo

オートデスク、製造業界向けアプリケーションの新バージョンを4月15日より順次発売

オートデスク株式会社は、製造業界向け「デジタル プロトタイプ」アプリケーションの新バージョンを4月15日より順次発売します。

近年の製造業界では、魅力的な製品を市場投入するために、外観デザイン、環境性能、
軽量化などの取り組みに対して多くの関係者がさまざまなアイデアを検討しながら共同作業を行っています。今回の新バージョンでは、こうした環境下で関係者が製品情報を効率的に作りこめるように、操作性、3Dモデリング性能、そして3Dプリンタとの連携などに関する機能強化を行いました。また、シミュレーションにおいては、各アプリケーション同士のデータ連携を高めて、解析モデルの修正、簡略化、形状の追加/変更を反映させるなどの機能強化を行いました。

「The Future of Making Things」 ~創造の未来~ について
近年、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などが組み合わさって、何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。これにより、世界の産業構造は著しい変化に直面しています。こうした変化に率先して対応するために、当社は「The Future of Making Things」 ~創造の未来~ という考え方の基、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。お客様がこうした市場環境の変化にも対応できるように、当社は将来必要になるデザインとワークフローを業界の先頭に立って提案していきます。

各アプリケーションの主な概要

【Autodesk(R) Inventor(R) 2016】(3Dメカニカル設計用アプリケーション)

希望小売価格(税別):
・永久ライセンス: 660,000円
・Maintenance Subscription:99,000円
永久ライセンスに付帯できる保守契約サービス

発売日:4月15日

【Autodesk Inventor Professional 2016】(上記Inventorに加え、解析、配管&配線、ツーリング機能を搭載)

希望小売価格(税別):
・永久ライセンス: 1,065,000円
・Maintenance Subscription:160,000円

発売日:4月15日

Autodesk Inventor 2016とAutodesk Inventor Professional 2016の主な機能:
・フリーフォームによるモデリング機能を強化。閉じていないサーフェスを利
用して自由形状の作成をスタートさせることが可能に

・他社製CADシステムで作成したファイルをインポートする際、ファイルへのリンクを維持することができ、元ファイルの変更も反映される

・電気制御設計用のAutoCAD(R) ElectricalとInventorの双方向で配線、参照、接続情報の変更が可能に

・3Dプリンタに出力するための機能を新規搭載。出力サイズに合わせてレイアウトすることができ、元の3Dモデルに影響を与えずにモデルを分割してダボ(突起と穴のかみ合わせ)を追加することなども可能

・板金設計、部品設計、アセンブリ設計、スケッチ、図面作成・編集の各機能で、ユーザ要望に基づく多くの機能改善を実施


=====================

【Autodesk Moldflow(R) Adviser 2016】
(Standard / Premium / Ultimateの3種類を提供)
(樹脂流動解析アプリケーション)
発売日:4月15日

【Autodesk Moldflow Insight 2016】
(Standard / Premium / Ultimateの3種類を提供)
(高機能な樹脂流動解析アプリケーション)
発売日:4月15日

【Autodesk Moldflow Synergy 2016】
(Autodesk Simulation Moldflow Insight用プリポスト。
解析モデル作成、解析条件設定、解析結果閲覧が可能)
発売日:4月15日

【Autodesk Moldflow Flex 2016】
(クラウドでの解析が可能な樹脂流動解析パッケージ)
発売日:4月15日

【Autodesk Simulation Moldflow Communicator 2016】
(解析結果の無償ビューア)
発売日:4月15日

【CADdoctor for Autodesk Simulation】
(解析用にCADモデルを修正、簡略化するアプリケーション)
発売日:4月15日

主な新機能:
・冷却解析(FEM)で誘導加熱が可能に(Moldflow Insightにおいて)
・Mucell (微細射出発砲成形)プロセスの3D解析が可能に(Moldflow Insightにおいて)
・コントロールバルブゲートを新機能として追加(Moldflow Insightにおいて)


=====================

【Autodesk CFD 2016】
(CFD / CFD Advanced / CFD Motionの3種類を提供)
(熱流体解析アプリケーション)
発売日:4月15日

【Autodesk CFD Flex 2016】
(クラウドでの解析が可能な熱流体解析パッケージ)
発売日:4月15日

【Autodesk CFD Design Study Environment 2016】
(Autodesk CFD用プリポスト)
発売日:4月15日

主な新機能:
・グラフィック パフォーマンスの向上により巨大なモデルでも素早く軽快に操作可能に
・標準的なネットワーク環境下でも解析速度が向上する並列計算ソルバーを搭載
・解析モデルの様々な問題点を簡単な操作で評価できる機能を新規に搭載


=====================

【Autodesk Simulation Mechanical 2016】
(強度・振動・熱伝導・疲労解析、非線形解析、弾性体を考慮した機構解析)
発売日:4月15日

【Autodesk Nastran In-CAD】
(3D CAD アプリケーション上で稼働するCAD 統合型構造解析アプリケーション)
発売日:4月15日

【Autodesk Nastran】
(Nastranソルバー)
発売日:4月15日

【Autodesk Simulation Mechanical Flex】
(クラウドでの解析が可能な構造解析パッケージ)
発売日:4月15日

【Autodesk Nastran Flex】
(クラウドでの解析が可能なNastranソルバー)
発売日:4月15日

主な新機能:
・Autodesk Inventorの溶接モデルの解析が可能に(Simulation Mechanicalの機能)
・圧力方向の表示や隣接面の選択が可能に(Simulation Mechanicalの機能)
・解析結果の検出機能をリボンに表示し、モデルの操作中に結果を見ることが
可能に(Nastran In-CADの機能)


=====================

【Autodesk Helius Composite 2016】
(Autodesk Simulation Composite Designから名称変更)
(複合材の設計初期段階で仮想試作と解析を行うアプリケーション)
発売日:発売中

【Autodesk Helius PFA】
(Autodesk Simulation Composite Analysisから名称変更)
(Abaqus(R)、ANSYS(R)、MSC(R) Nastran用プラグイン)
発売日:発売中

2016年1月からの主な新機能:
・「Advanced Material Exchange」がANSYSに対応(Helius PFAにおいて)


※希望小売価格は、日本における当該製品またはサービスに対するオートデスクのメーカー希望小売価格(税別)を示します。希望小売価格にインストール費は含まれません。オートデスク認定販売パートナー、販売店の販売価格はオートデスク認定販売パートナーおよび販売店が決定します。希望小売価格は参考値としてご参照ください。その他の諸条件が適用される場合もあります。

※オートデスク認定販売パートナー、販売店から購入される場合の価格は、直接パートナーや販売店にお問い合わせください。


以上

オートデスク株式会社概要
本 社: 東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長: ルイス・グレスパン
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
ホームページ: リンク

Autodesk、AutoCAD、Inventor、Moldflowは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

(C)2015 Autodesk, Inc. All rights reserved.

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。