logo

アエロメヒコ航空の3月利用旅客数が前年同月比10.5%増加

アエロメヒコ航空 2015年04月10日 10時07分
From 共同通信PRワイヤー

アエロメヒコ航空の3月利用旅客数が前年同月比10.5%増加

AsiaNet 60096 (0468)

【メキシコ市2015年4月10日PRN=共同通信JBN】メキシコ最大の国際航空会社アエロメヒコ グループ(Grupo Aeromexico S.A.B. de C.V. 、アエロメヒコ、メキシコ証券取引所BMV: AEROMEX)は10日、2015年3月の事業統計を発表した。

Logo - リンク

*アエロメヒコ グループの3月の利用旅客数は157万5000人で、前年同月に比べて10.5%増加した。国際線市場では21.8%、国内線市場では5.9%の増加だった。

*有償旅客キロ数(RPKs)で測定した需要は対前年同月比で13.8%の伸びを示した。アエロメヒコの有効座席数(ASKs)に基づく輸送能力は15.6%の増加だった。

*アエロメヒコの3月のロードファクターは78.7%だった。

                              3月                        1- 3月
                    2015       2014    前年比       2015     2014   前年比

RPK's (定期便およびチャーター便、単位100万)
国内線              906         861      5.2%        2,541   2,480    2.4%
国際線            1,699       1,428      19.0%       4,802   4,315   11.3%
総計              2,604       2,289      13.8%       7,343   6,795    8.0%

ASK's (定期便およびチャーター便、単位100万)
国内線             1,163       1,095      6.2%        3,354   3,245    3.4%
国際線             2,150       1,771     21.4%        6,152   5,341   15.2%
総計               3,313       2,866     15.6%        9,505   8,585   10.7%

ロードファクター(定期便、%)
                                         p.p.                           p.p.
国内線             78.0        78.8     -0.8          75.8      76.6   -0.8
国際線             79.2        80.7     -1.5          78.2      81.0   -2.7
総計               78.7        79.9     -1.2          77.3      79.3   -1.9

旅客数(定期便およびチャーター便、単位1000)
国内線            1,070      1,011       5.9%         2,978    2,859    4.2%
国際線              505        414      21.8%         1,413    1,251   13.0%
総計              1,575      1,425      10.5%         4,391    4,110    6.9%

この報告に含まれる情報は監査前のもので、同社の将来の業績に関する情報を提供するものではない。アエロメヒコ航空の将来の業績はさまざまな要因に起因するため、それぞれある特定期間の業績、あるいは前年比較が将来の同様の業績の指標になると推測することはできない。

▽用語解説
*RPK(有償旅客キロ数、Revenue Passenger Kilometer)は、1キロ当たりの有償旅客を表す。これには定期便、チャーター便が含まれる。総有償旅客キロ数は、総飛行距離と有償旅客数の乗数と同じになる。

*ASK(利用可能座席数、Available Seat Kilometer)は、飛行距離と利用可能座席数の乗数。この数字は航空会社の輸送能力の指標となる。これは座席使用の有無に関係なく、1キロ当たり1座席に相当する。

*ロードファクター(有償座席利用率、Load Factor)は、輸送旅客数当たりの利用可能座席数の百分率に等しい。これは航空会社の利用可能能力の物差しである。この数字は定期便の有償旅客総数と利用可能座席総数を考慮するものである。

*旅客(Passengers)とは、航空会社によって輸送された乗客の総数である。

▽アエロメヒコ グループについて
アエロメヒコ グループ((Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V))はメキシコで民間航空事業やロイヤルティープログラム事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社である。メキシコ最大の航空会社であるアエロメヒコ航空は主要ハブ空港とするメキシコシティ国際空港の第2ターミナルから毎日600便以上を、メキシコ国内45都市、米国16都市、中南米16都市、欧州3都市、アジア2都市、カナダ2都市を含む3大陸80都市以上に運航している。

グループが保有する120機以上の航空機群はボーイング787、777、767、737ジェット旅客機および次世代のエンブラエル145、170、175、190である。アエロメヒコ航空は2012年に、ボーイングから737 MAXジェットを90機、787-9ドリームライナー10機の計100機を購入するというメキシコ航空史上で最も重要な投資戦略を発表した。

アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟20航空会社が就航する178カ国、1000都市余りにサービス網を広げ、旅客は世界516カ所の空港プレミアムラウンジを利用できるなどの特典がある。デルタ航空、アラスカ航空、アビアンカ航空、ラン航空、TACA航空、TAM航空とはコードシェアで提携し、米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの国々へは幅広いネットワークがある。詳細はwww.aeromexico.com 、www.skyteam.com 、リンク を参照。

ソース:Aeromexico

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。