logo

東北初 宮城県内のIT企業が集い 米国シリコンバレーから仕事を受託する新ブランドを発足

アビリオン 2015年04月09日 16時00分
From PR TIMES

東北発クリエイティブブランド「ASA Digital」を発足

クリエイティブディレクター、エマニュエル・サッコチーニ氏をプロデューサーとして迎え、世界に向けて東北発クリエイティブブランド「ASA Digital」を発足



Webサイト制作チームのプロデュースを得意とするアビリオン株式会社(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役:赤羽根 圭悟・石川 康裕、以下「アビリオン」)と、デジタルメディア向けコンテンツ制作を得意とする株式会社ディー・エム・ピー(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役:小林 篤信、以下「dmp」)は、米国サンフランシスコを拠点に活躍するクリエイティブディレクター、エマニュエル・サッコチーニ氏をプロデューサーとして迎え、震災の復興というテーマから地方経済の発展を目指し、世界に向けて東北発クリエイティブブランド「ASA Digital」を発足いたします。

[画像: リンク ]



「ASA Digital」は主に米国シリコンバレーを中心としたデジタル広告案件の制作・開発を東北の地で行い、地方都市でグローバル案件等の高品位な制作実績を通じ、就労魅力の醸成、雇用機会の増加など地方経済の発展を目指します。


■「ASA Digital」参画企業・団体


アビリオン/dmp(本社:宮城県仙台市)
一般社団法人イトナブ石巻(本社:宮城県石巻市、代表理事:古山隆幸)

他、随時パートナーを拡大予定

■エマニュエル・サッコチーニ氏プロフィール


サッコチーニ氏は、広告業界向けのクリエイティブなWebサイトやインタラクティブ・エクスペリエンスの構想と制作に携わり、アメリカとヨーロッパでインターネット黎明期より15年以上に渡り活躍。
2011年、常時世界トップ3に数えられるクリエイティブ・デジタル・プロダクション「UNIT9」(本社:英国ロンドン)の初米国展開となる米国サンフランシスコ支局発足を牽引。米国シリコンバレーを中心に、Google、twitter、Walt Disneyなどとの取引を開拓。
また、Googleとはグローバルな提携関係を結び、2014年デジタルプロジェクトとして史上初のエミー賞受賞という結果をもたらす。現在までに、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル8回、ウェビー賞9回、FWA21回など、国際的に権威のある賞を多数受賞してきた。


■ASA Digital 名称について
ASAは、日本語で朝という意味。日出づる国、日本。古き時代からそう呼ばれてきた日本は、世界でも早くに新しい一日の「朝」を迎えます。実直、丁寧で正確な日本人らしい手作りの温かみを感じるサービスを、被災地東北のクリエイターが世界に向けて提供します。外国の方にも呼びやすい様、短く発音しやすい名称で、世界中で呼び親しんでいただけるよう願いを込めました。



ASA Digital 公式ウェブサイト: リンク
プレスリリース資料: リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。